Uncategorized

吃音(どもり)~選ばれし天才に課されたハンディキャップ

投稿日:


この記事は私がまとめました

吃音(きつおん)という発話障害がある

吃音(吃音症)とは、言葉をしゃべろうとしても、スムーズに言葉が出てこない症状で、「どもり」とも言います。

言葉の出だしがつまったり引き伸ばしたりする症状がある

「吃音」とは、語頭音を繰り返したり(「わ、わ、わたし」)、引き伸ばしたり(「わーーたし」)、つまったり(「・・・わたし」)して、滑らかに発話ができなくなる状態のことをいいます。

幼児期に発症し成長とともに治癒するケースが多い

吃音の9割は発達性吃音に分類されます。2歳から4歳の頃に発症することが多い発達過程の症状で、成長につれ解消する人も多いと言われています。

吃音の人は悩む

人とうまく話せないことは相当のストレスやコンプレックスとなる。

吃音を隠そうとしたり、話す機会を避けたりすることが、社会参加やコミュニケーションの妨げになってしまうことがあるとも言われています。

成長につれて軽減することも多いので、子どもの症状と思われがちですが、中には成人しても吃音に悩む人もいます。

どもる人は頭の中に話したいことがたくさんあってうまく言葉にできないという

吃音があるお子さんの多くは、頭の中に話したいことがいっぱいあるが、それをうまく言葉に表現できない状況になっていると考えられます。

@wrn_k 僕も仕事中にどもりが出ることがちょくちょくあって辛いです……
頭の音が連続するばかりで話せないとか

実はどもる子供は言語能力が高いのだという

2013年のオーストラリアの調査によると、統計的なデータから、どもりのある子供は、言語能力が高い傾向にあるようです。

吃音は急激な言語発達の副産物である

研究結果をまとめた論文では、吃音は、「急激な言語発達の”副産物”である」と結論づけています。
つまり、吃音は、言語の発達面で劣っているのではなく、逆に進み過ぎているために始まると言っています。

「君の頭の回転が早すぎて、口がついてこないんだよ。」

なぜ吃音になったのか、子供が訪ねてきた場合は、こう言うと良いです。

「君の頭の回転が速すぎて、口がついてきていないんだよ」

吃音の人はたくさん言葉を知っていて読み書きする能力も高い

頭の回転が速い以外にも、吃音を持っている人は、他の人と比べてたくさん言葉を知っていて、なおかつ文章を考えたり、読んだり、書いたりする能力も高いということ。

吃音は言語能力の優れた「選ばれし天才」に課されたハンディキャップである

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

オーナーは死活問題?…コンビニに多い『ドミナント戦略』とは?

この記事は私がまとめました わらわら5さん □自宅の近くに同じコンビニばかりありませんか? アマナイメージズ コンビニの店内 by アマナイメージズ これを『ドミナント戦略』と言います お気に入り詳細 …

「なんかつまんないんだよね」ネット民に物申した竹内涼真に共感の声広がる

この記事は私がまとめました stoneflowerさん ▼女子から圧倒的な支持を集める爽やか系イケメン俳優・竹内涼真 アフロ Japanese actor Ryoma Takeuchi attends …

海老天七味マヨも!モスバーガーの限定メニューが激ウマ♪

この記事は私がまとめました モスバーガーの期間限定・曜日限定メニューをまとめました smalltownさん 天つゆ風タレとマヨソースの相性も抜群♪『海老天七味マヨ』 グリーンリーフの上に、ゆず風味の天 …

おぉっとニャンコを誤診断…「花の名前を判定するアプリ」が楽しい

この記事は私がまとめました 花の名は。 nyokikeさん ▼散歩の時などで、「あー、この花ってどんな名前だったっけ?」という時に便利なアプリが話題 GettyImages とっさに出てこない花の名前 …

no image

知ってる!?スタバの『ブラックエプロン』に隠された秘密とは

知ってる!?スタバの『ブラックエプロン』に隠された秘密とは