Uncategorized

ダラダラしがちなテレワーク…うまくやる7つのコツ!!

投稿日:


この記事は私がまとめました

hy02さん

新型コロナで増えるテレワーク(在宅勤務)

感染症対策が深刻化するなかで、様々な会社でテレワーク制度の導入・活用が進んでいます。身近でもテレワークや時差通勤といった対策が進められているのではないでしょうか。

テレワークはうまく使えば、本当にメリットがあります。通勤時間はゼロですし、隙間時間にちょっとした家事ができたり、お昼休みの時間も自由に使えます。

ついつい家だとダラダラしてしまうことも。。

在宅勤務となると誘惑が多いうえに人目がなく緊張感がなくなってしまい、ダラダラを続けてしまうパターンが多くあります。

職場と家庭が一体化することで、仕事と私生活の区切りが曖昧になり、家にいながらも仕事に振り回される感覚に陥る人も少なくない。

テレワークがはかどる7つのコツ

自宅であっても、きちんと着替えや身支度を済ませることで「仕事モード」に自分を変化させやすくなります!

パジャマで働く方が好きという人は、せめてスリッパから靴に履き替えるとか、首元にスカーフを巻くだけでもいい。そうすることで、オンとオフの棲み分けができ、気分を切り替えやすくなる。

在宅勤務期間中は、何の束縛もなく自由過ぎる朝の時間の過ごし方に少し計画性を持たせると、メンタルヘルスも家族関係も良くなり、仕事もはかどります。

私はまずコーヒーを淹れる。コーヒーを机の定位置に置いて、仕事を始めます。いわゆる仕事を始めるスイッチです。何でもいいです。

小さくてもいいから家の中に自分1人になれる静かなスペースを確保することが大切。できれば寝室は避けた方がいい。

物理的にもプライベートとの区切りを感じられるように、仕事専用のスペースを持ちたい。TVの前で仕事をしようとしても捗らないし、家族が話しかけてくる中では仕事に集中できないだろう。

“締め切りがない仕事”については、まず締め切りを作るのが基本だと思います。すべての仕事には、本来、締め切りがあるはずだからです。

当日の業務を明確にするためにTo Doリストを作成するなど、「やらなきゃいけない!」という圧をかけることは、集中力を呼び起こすのに最適

自分の集中力がどのぐらい続くのかを把握し、15分程度の短い休憩をいれる。立ち上がってコーヒーをいれるのもいいだろう。休憩時間に食器を洗う、洗濯物をたたむなどの家事を入れるのも一案

集中しすぎると休憩を取るのもあとまわしにしてしまいがち。勤務時間を90分ずつのブロックに分け、ブロックごとに10分の休憩を挟むことで集中力を高めよう。そのときには、水分補給も忘れずに。

仕事を始める前や合間の日中に散歩、ウォーキングを行うことでカラダを軽く動かし、しっかり日光を浴びる時間をつくることが大切

1日に最低1回は外に出て歩くことをおすすめします。歩くことは健康のためにも、アイデア活性のためにも、何かと大事

生活サイクルを変更すると、新しいリズムに慣れるまで、体や脳は軽い「時差ボケ」に近い反応を起こします。これは昼夜逆転生活の引き金になる他、「仕事モード」に入れずにだらだら過ごしてしまうということにもつながりかねません。

一回でもダラダラと深夜まで仕事をしてしまうと、寝るのが遅くなり、起床時間も後ろ倒しになります。そうしてだんだん夜型になって生活リズムが崩れ、調子が悪くなることもあります

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

ジムに行けなくても大丈夫!ツイ民の「運動不足を解消する方法」

この記事は私がまとめました stoneflowerさん ▼ジム行けない…でも大丈夫!運動不足を解消する方法あるよ! ・まずはやっぱりコレ!「ウォーキング」 やまやま@TOCawX57xniRxw2 フ …

マイペースでいい!「仕事ができる人」が適当に手を抜いてるワケ

この記事は私がまとめました 信頼のおける情報を元に作成しています。 まひろちゃんぶーさん ■仕事ができるようになりたい…誰もが持つ願望です アマナイメージズ 青空の下指差しをする20代女性 by アマ …

響くダムダム音…「桜木花道のシュート練習を眺めるアプリ」が和む

この記事は私がまとめました 流川楓の姿も? nyokikeさん ▼人気漫画「SLAM DUNK」の作者・井上雄彦さんが作ったアプリが注目されています 井上雄彦 Inoue Takehiko@inoue …

no image

これは嬉しいかも…!夫から見て「妻」は完璧じゃない方がいい理由

これは嬉しいかも…!夫から見て「妻」は完璧じゃない方がいい理由

no image

イイこと知った!『みんなが”おススメ”する発想&考え方』が有益

イイこと知った!『みんなが”おススメ”する発想&考え方』が有益