Uncategorized

【麻布十番】美味しいイタリアンが人気のお店★5選

投稿日:


この記事は私がまとめました

No.1 PACE パーチェ イタリアンラウンジ

深夜5時まで営業している 隠れ家レストラン

山形牛のタリアータ。
看板メニューらしく、山形の郷土だしをかけていただくこだわり。

オーナーが山形出身ということもあり、
イタリアン×山形の郷土料理が美味しくいただけると話題のお店。

人気のポイントは、デザートプランにも。
花火や飾りつけはもちろん、その味も間違いなし。

カウンター席や個室もあるため、デートや記念日にもおススメである。

設備や制度も充実している。
ワンちゃんやネコちゃんなど、ペットもOKだ。

デザイナーが設計した、オシャレな空間でイタリアンをいただける贅沢な時間を過ごせそうだ。

NO.2 THE SKY BAR AZABU-JUBAN (ザ スカイバー)

トリュフを隠れるほどを載せた、
贅沢なカルボナーラ。

目の前で、載せるパフォーマンス込み。
香りや見た目も半端ない。

パーティーや、企画などに使えそうな店内。
写真はハロウィンゴーストポタージュ。

生クリームの可愛い顔の飾り付けがついている。
打ち上げやPARTY使用にはうってつけだ。

SKY BARは2階にある。
天井が吹き抜けで、テラス席になっているため開放的だ。

思わず写真を撮りたくなるような、ドリンクの数々。
インスタ利用にはもってこいだ。

No.3 グリル&パスタ エス 麻布十番

濃厚海老クリームソース エストラゴンのミルクバブル。
見たことがない、初めての衝撃。

海老の風味が豊との説明があるが、ホイップされたミルクとどう絡むのかは、食べてみないとわからない。

国産豚肩ロースのグリル
ピンク色が鮮やかで、華やかな豚肉のグリル。
レモンで爽やかにさを、深い脂身の旨みに落とす。

赤ワインと合わせていただきたい。

ドラマにも使用された店内は、ブルックリンの倉庫を彷彿とさせる、大人なオシャレな空間。

イスもそれぞれがバラバラだが、ウッド調で統一されていて、まとまりがある。

NO.4 麻布十番 燻製 apartment 別邸

16時間燻製した後、
両面を軽く焼いた燻製チーズは
外はカリカリ、中はトロっと。

ビールはもちろん、ワイン、ウイスキーのお供に。
お酒がすすむことまちがいなし。

味噌漬けにされたベーコンはそのまま食べても口に広がる味噌の香りが魅力的だが、一緒に添えられた燻製わさびをのせてどうぞ。

爽やかな辛みの中に燻製されたわさびの一味違う香りを楽しんで。

木目調に統一された店内には、暖炉の火が優しく灯る。
まさに大人の隠れ家のような落ち着いた雰囲気だ。

恋人、家族など、大切な人を連れて行きたくなる
そんな場所だ。

No.5 WE ARE THE FARM

オーガニック野菜がたっぷり乗ったプレートは色も鮮やかでボリュームも文句なし。

野菜の美味しさを楽しんで。

野菜がメインの店だが、もちろん野菜だけではない。
黒毛和牛のステーキも一度は食べたい逸品。

ジューシーなお肉に添えられた粒マスタードとの相性ばっちりだ。

ランチ限定のサラダバーは豊富な種類の新鮮な野菜が並ぶ。健康志向の方にはうれしい、デトックス効果も。

野菜のおいしさをまた新たに知ることができるだろう。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

こいつ出世するな!と思わせる。。新入社員に共通する特徴【7選】

この記事は私がまとめました uwajimanさん 「有望株かも?」 アマナイメージズ ビジネススーツを着て両手を上げて背伸びをしている男性の後姿 by アマナイメージズ 伸びしろのある新人の特徴とは …

謎のテンションwいま話題の「商品名」が攻めすぎな件

この記事は私がまとめました senegirlsさん ◼︎ローソンで話題の「たまご!たまご!!たまご!!!」 すりーぴい@ksnm_sta フォローする 本日のモーニング。たまご!たまご!!たまご!!! …

これ、写真じゃないの?! みんなの『二次元に収まらない絵』報告

この記事は私がまとめました 思わず嘆息が出ます… nyokikeさん ▼鉛筆とは思えないクオリティのTwitter投稿が話題に 乃木画家@nogigaka_46 フォローする 鉛筆で西野 …

no image

つらい「鼻づまり」をスカッと解消する方法

この記事は私がまとめました ppp_comさん ■鼻が詰まって息苦しい… アマナイメージズ 泣きながら鼻をかむ男性 by アマナイメージズ お気に入り詳細を見る ありす@aRomaAlice_ フォロ …

no image

まじ・・・?「ひな祭り」での意外すぎるタブー

まじ・・・?「ひな祭り」での意外すぎるタブー