Uncategorized

意外と知らない?「有給休暇」の取得に理由は必要?必要ない?

投稿日:


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「有給休暇」を取得するときに、理由を聞かれることがある?

有給休暇を取得するときに、会社によってはしつこくその理由を問いただされることがあります。

●そもそも「有給休暇」とは?

労働基準法第39条で定められた労働者のための休暇であり、「有休」「年休」などとも呼ばれています。

週休日とは別に、賃金の保障された一定の日数の休暇を付与することによって、 労働者の心身のリフレッシュを図ることを目的とするものです。

・「有給休暇」が発生する仕組み

働きはじめてから6か月が経過し、その6ヶ月間に全労働日の8割以上出勤した場合には10日間の有給休暇が発生します。

その後も1年ごとに、全労働日の8割以上出勤すると有給休暇が発生し、その日数も年々増えていきます。

(たとえば、1年6カ月が経過すると、11日の有給休暇が発生します)

全労働日とは、1年の総歴日数-(所定休日数+使用者の責に帰すべき事由による休業期間+ストライキ期間)を言います。

当初の6カ月以降の継続勤務2年目までは1労働日ずつ、3年目以降は2労働日ずつ加算され、20日が法律上の上限となります(労働基準法第39条2項)。

また一定の条件を満たしていなくても週の出勤日数等に比例した有給休暇がもらえます。

・「有給休暇」をいつ取るかは、労働者の自由とされている

年次有給休暇をいつ取るか,また,それをどのように利用するかは,労働者の自由です。

会社は,休暇の理由によって,休暇を与えたり与えなかったりすることはできません

白石営林署事件・最二小判昭和48年3月2日

●「有給休暇」を取得するときには、理由は必要?

本来、有給休暇を取得する理由について提示することを強制することは出来ません。

同時に有給休暇の理由を提示させることは労基法違反に当たります。 また、理由によって申請を却下することも本来は認められていません。

通常の休日と同じように、どんな理由で休むのか、つまり休んで何をするのかを報告する必要はないと考えることができます

・さらに「有給休暇」取得を理由に不利益な扱いも禁止されている

会社は労働者が有給休暇を取りたいと申出た場合、原則として受け入れなければなりません。

使用者が,年次有給休暇の取得を理由に,労働者に対して不利益な取扱いをすることは,労働基準法によって禁止されています。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

一度は行ってみたい!「今話題の絶景スポット」4選

この記事は私がまとめました SNSでも評判高い「話題のスポット」をまとめました。 sanpo130さん ▼まるで天に続いているかのよう…! 天に続く道/名もなき展望台 【北海道】天に続く道 天に続く道 …

no image

そんなこだわりの理由が・・・知ると面白い「車のナンバー」

そんなこだわりの理由が・・・知ると面白い「車のナンバー」

no image

社会人が友達を作る方法!高校生や大学生にも応用可

この記事は私がまとめました junior_さん ▼ 社会人になっても友達を作りたい 26歳社会人です。今からでも友達つくれますか? 出典社会人になってからの友達の作り方 – 友達・仲間関係 …

“鬼滅の刃”から“令和”まで!「太宰府」観光10選

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆太宰府天満宮 太宰府天満宮 お気に入り詳細を見る 菅原道真を祭神とする天神信仰の神社である天満宮は全国に1万2000社ともいわれます。「日本三大天神」 …

no image

80年前の高級デザイナーズマンション?!銀座にある『奥野ビル』が素敵

この記事は私がまとめました mahalo_greenさん ◆東京・銀座1丁目にある「奥野ビル」 1932年築の本館と1934年築の新館が左右対称に並ぶ6階建てで、その後7階部分が増築された。 出典&# …