Uncategorized

真の問題解決にも役立つ….思考力が身につくと話題の本6冊

投稿日:


この記事は私がまとめました

amasayaさん

●『イシューからはじめよ』安宅和人

もう一冊done
何かを始める際はまずはイシュー(本当に解決すべき問題)を見極めなければならない。。。日々の様々な問題をスピーディかつ効果的に対処するには、着手すべき問題かを見極め、分解し、本質的な課題を見極めなればいけないという本。
問題の発見や分析法に注目してるので、勉強になりました pic.twitter.com/nKBpXntvtK

【イシューからはじめよ】安宅和人
本当に価値のある仕事をするためにはまず問題を解く前にそのイシューを見極める必要がある。そんな生産性の高い具体的な問題解決手順を説いている本。図も用いてわかりやすく問題解決の本質を教えてくれる。解の質を高めるために一読しておきたい本である。 pic.twitter.com/SJTinECWIl

イシューからはじめよ/安宅和人

問題解決能力の前の、問題を見極める能力にフォーカスを当てて解説したビジネス本。経営者やフリーランス向けの内容だけどブログなどにも生かせそう。ところどころ難しいところもあったのでまた読み返したい

あまり教わらない取捨選択の力が養われる本でした☺️

#読了 pic.twitter.com/BHpdksqAyd

▼真に価値あるビジネス本紹介▼

ーーーー
安宅和人
『イシューからはじめよ』
ーーーー

課題を解決することよりも、
まず、本当に解決すべき課題を見つけることの方が重要。
そんなことを学ばせてくれる本です。

各論にとらわれないために、ぜひ読んでください。 pic.twitter.com/Ykn9lLKZ42

「イシューからはじめよ」のこの部分めっちゃ好きなんだよな pic.twitter.com/rPIFcqa98h

「イシューからはじめよ」に書かれてた生産性の定義めっちゃわかりやすい。 pic.twitter.com/wdAwXm1JKs

「イシューからはじめよ」という本にあるように、仕事の生産は「どの問題に取り組むべきかを見極める力」と「問題に対して答えを用意する力」を掛け合わせて決まる。従って、いくらいい答えを用意しようとも、課題の設定が間違っていたら意味がない。だからまずは情報収集で課題の見極めが大切。

本書は、元経営コンサルタントである筆者が「真に取り組むべき問題(イシュー)」の設定の仕方を解説している書籍だ。

世の中で問題かもしれないと思われているもののなかで、今この瞬間に解を出すべき問題というのは100個のうち2、3個だと著者は語る。

この本ほど、「果たして、知的生産性をどう上げるか」への、ノウハウを体系化したものはないと思います。それは、知的生産性を上げる上で、HOWには、あまりこだわらず、それよりも、もっと、もっと大事なこと、WHATに焦点を当てているからだと思います。

●『パン屋ではおにぎりを売れ』 柿内尚文

目から鱗が350枚くらい落ちたわ。最後まで一気に読んで、そのあとすぐに気になるところを重点的に読み直して、今日ノートにまとめながら3回目読んだ。こんなに凄いものをたったの1,540円で読ませていただいて本当によろしいんですかって感じ。

『パン屋ではおにぎりを売れ』柿内 尚文著・かんき出版 pic.twitter.com/g26NKK1gIY

休み中はこの本を読みました。

【パン屋ではおにぎりを売れ】
想像以上の答えが見つかる思考法

本屋さんで見つけてタイトルに惹かれました。
物事の考え方のヒントになるテクニックが書いてあり、文字も大きく実例があったりととても読みやすかったです! pic.twitter.com/4nRysFIYV2

シコ練のすゝめ。

シコ練(思考の練習のことだから。笑)の回数が、考える力を高める最重要ポイント。

一つの広告を見た時に、何故そのデザインなのか、誰がターゲットなのか、自分ならそうするのか…と永遠に思考している。

この本は全ビジネスパーソンの必読書です‼️
『パン屋でおにぎりを売れ』 pic.twitter.com/5fqvupRYAE

この本、お勧めです!!

「考える」と「思う」は
まったく別物

人間は1日に6万回、なにかを考えている
1秒に1回は思考している

経営にも仕事にも
そして遊びにおいても
人生において重要な4つの力が
身につく内容

『パン屋では おにぎりを売れ』
amzn.to/3g01PIL pic.twitter.com/vDoLxM8vW5

#読了 『パン屋ではおにぎりを売れ』
ベストセラー編集者・柿内さんが自らの思考法やアイデアが沸くやり方を紹介する一冊。
手法はこれまで世に出ているアイデア本と遜色ないけど、随所随所のエピソードが濃厚。そのアンテナの広さと、集まったパーツの料理の旨さを改めて知った。
活かせるやり方多し

考えることは『広げること』と『深めること』である。
✔️インプットはあくまで、『考えて答えを見つけるまでの材料』
✔️論理的思考では解決できないことがある
✔️『論理』と『非論理』を組み合わせて『考える力』をレベルアップしていく
【パン屋ではおにぎりを売れ】より

ベストセラー本を数多く手がけた、カリスマ編集者によるビジネス書です。とは言っても仕事だけでなく、勉強、恋愛、人生そのものが上手くいく「考え方」「行動のコツ」が沢山書かれています。

「パン屋が本気でつくったおにぎり」のように、パン屋の魅力をずらして生み出した商品を売れば、新たな顧客を取り込めるのではないか。このような具体的な着眼点が用途別にふんだんに盛り込まれているのが、本書の最大の魅力といえる。

●『問題解決大全』読書猿

正体不明・博覧強記の読書家、読書猿さんによる本です。まえがきも最高に良くて、「問題解決を学ぶことは意志の力を学ぶこと」。何かをしたいけどできないときに問題が姿を現す、その苦しみと闘うツールとしての問題解決法を扱う内容となってます。 pic.twitter.com/7aGtVguMki

問題解決大全
さっそく一通り目を通す

実は購入者特典の問題解決ステージマップもすごい

各問題解決ステージ毎で
思考を深める問いかけが載っている

こういうの好きです pic.twitter.com/mV4iOwoRH8

問題解決大全
読書猿著

問題解決の歴史を振り返り、主要な37ツールを紹介。「問題の認知」「解決策の探求」「解決策の実行」「結果の吟味」など一冊によくまとめらた本。コーチングやカウンセラー的要素もあり自分で行う問題解決という視点。将来はAIやドラえもんが大全に加わるのではないだろうか。 pic.twitter.com/ii2YoIGpIq

問題解決大全の前文。2020年に読みたい日本語 a.co/7nXI6eN pic.twitter.com/K9XfU6ee0Z

本の購入を迷った時、『問題解決大全』の100年ルールを思い出した。
「50年後、この本を持っているか?」
50年という歳月の長さに比べ、数百円という数字の何とちっぽけなことか。50年後買ってるなら今買っても同じ。本を買うことを躊躇しなくてよいのです。

またポケットに落ちてしまったので「問題解決大全」で読んだ100年ルールってやつで考えてみる。問題に出会ったとき、それは100年後にも重要なことか?と思うという手法。期間はもっと短くてもいい。私は今10年に設定して、娘達やいろんな登場人物の10年後を想像して、大した問題じゃない、に落とせた。

「ヒトは、ぬいぐるみに感情を、雨音にメロディーを、システム・エラーに悪意を、骨のひび割れに神意を、夜空の星に神話の登場人物を読み取る、度し難い生き物である。」(問題解決大全、P382より)

よすぎて日記とノートに写経してしまったよ

本書は冒頭で「問題解決=意志の力」だと定義しています。問題を解決するためには、現状に疑問を抱いて目標を定め、その目標に対して適切な行動をしなければなりません。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

たしかになぁ・・・意外と多い「美容室が苦手な人」の本音

この記事は私がまとめました senegirlsさん 意外と多かった美容室が苦手な人 アマナイメージズ 美容室シーン by アマナイメージズ ある調査によれば「約6割が苦手」 お気に入り詳細を見る 全国 …

no image

一読して『う~ん、興味をそそられる…』ってなる雑学ツイートが面白い

一読して『う~ん、興味をそそられる…』ってなる雑学ツイートが面白い

no image

【画像】話題の3Dプリンターの失敗作がもはや前衛アート級!

この記事は私がまとめました monet333さん 話題となる3Dプリンター 自動車や航空機の部品、人工骨も簡単につくれる「3次元(3D)プリンター」 出典朝日新聞デジタル:3Dプリンタ−で「デジタルも …

no image

GoogleにTwitter、Amazonなどで使える検索テクまとめ

GoogleにTwitter、Amazonなどで使える検索テクまとめ

no image

知ってる、トウモロコシの実とひげって同じだったの!?驚きの声があがっている…

知ってる、トウモロコシの実とひげって同じだったの!?驚きの声があがっている…