Uncategorized

ちゃんばらグラフィティ★昭和のテレビ時代劇を斬る!

投稿日:


この記事は私がまとめました

redstartさん

基本的に昭和時代に放送された連続テレビ時代劇を取り上げているが、八百八町夢日記など一部平成のもの、また昭和と平成にまたがって放送されているものもある。

大江戸捜査網 1970-1984

隠密同心 心得の条
我が命 我がものと思わず
武門の儀 あくまで陰にて
己の器量伏し
御下命 如何にても果たすべし
なお
死して屍拾う者なし 
死して屍拾う者なし

江戸の治安を維持するため、老中松平定信プロデュースにより結成された極秘ユニット「隠密同心」。彼らは普段町人として暮らし、指令があると様々な手段で潜入捜査を行い、事件を解明し町にはびこる悪を叩く。それはもうほとんど時代劇版スパイ大作戦なのだ。
「死して屍拾う者なし」という有名なナレーションも「当局は一切関知しない」のくだりとよく似ている。
最後には軽快なテーマ曲にのせて悪人たちを次々に斬り捨てていく痛快時代劇の代表作。

1970年にテレビ東京系列で放送され、第1シーズンから第3シーズンまでは、杉良太郎、里見浩太朗、松方弘樹とそうそうたる顔ぶれが主役を務めていた。1984年からは「新・大江戸捜査網」として半年間放送され終了した。

以下ナレーション
隠密同心 それは旗本寄合席 内藤勘解由に命を預け、人知れず人生の裏道を歩かねばならぬ宿命を、自らに求めた者たちである。極悪非道の悪に虐げられ、過酷な悪な法の冷たさに泣く、大江戸八百八町の人々を、ある時は助け、励まし、また、ある時は影のように支える彼ら。だが、身をやつし、姿を変えて敢然と悪に挑む隠密同心に、明日という日は無い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松方弘樹扮する左文字右京の剣術は直心影流(じきしんかげりゅう)。二刀流で立ち回ることも多かった。

子連れ狼 1973-1976

江戸幕府公儀介錯人であった拝 一刀(おがみ いっとう)。裏柳生の首領・烈堂の策略により一族を殺され、謀反の疑いまでかけられる。一刀は、からくも生き延びた一人息子の大五郎と江戸を離れ、剣の腕を売る刺客を生業としながら、柳生一族へ復讐の機会をうかがうのであった。
1970年に「漫画アクション」に連載されていた劇画が原作。日本で人気が出て、テレビドラマや映画が制作された後、海外でも話題を呼び、「Lone Wolf and Cub」というタイトルで高い人気を誇る。
「子を貸し腕貸しつかまつる」と記したのぼりを立てた箱車(乳母車)に大五郎を乗せて旅をする姿のインパクトがかなり強い。

箱車は一見みすぼらしいが、底には装甲板が貼られており、防水加工で舟にもなればソリをつけて雪山を滑走することもできる。取っ手には長巻といった刃物が仕込まれていたり、さらには20発の銃弾を連射できる斉発銃も隠されているハイテク乳母車なのだ。

拝 一刀は水鷗流(すいおうりゅう)の剣客。刀を水中に沈め間合いを誤らせて斬る「波切りの太刀」に見られるように、川などの水中でその真価を最大限に発揮する。これは実在する水鷗流とは違い若干創作が入っている。
差料は剛剣・同田貫(どうだぬき)を使用する。九州肥後の地名からとった個銘で、装飾のない実戦的で切れ味の鋭い刀として知られている。※作中では”胴太貫”という創作上の名で登場する。

しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん~ のフレーズが印象的な橋幸夫の歌う「子連れ狼」。かなり斬新な歌詞なので最後まで聴いてみよう。

木枯し紋次郎 1972-1973

ナレーションではこう語られる。
「木枯し紋次郎
上州新田郷 三日月村の
貧しい農家に生まれたという
十歳の時に国を捨て
その後一家は離散したと伝えられる
天涯孤独な紋次郎
なぜ無宿渡世の世界に入ったかは定かでない 」

三度笠に道中合羽を羽織り、常に長楊枝をくわえる寡黙なアウトロー。人間不信で人との関わりを極力さけるため、何かあっても「オレには関係ないから」と無視するのに、なぜかいつも面倒に巻き込まれる。武士でもないのに刀を持っているが、そこは渡世人なので、他の時代劇と違って鮮やかな太刀さばきとはいかない。走り回って敵を蹴散らし、刀を振り回す喧嘩殺法的なリアルな殺陣が毎回展開される。

設定は天保なので江戸後期。この時代やくざや博徒(ばくち打ち)は渡世人と呼ばれた。これが組織化されると清水の次郎長のようになる。特に紋次郎のような三度笠に道中合羽といういでたちで各地を渡り歩く住所不定のフリーターは、旅がらす、股旅、無宿渡世人などともいう。同じ上州(群馬県)の渡世人といえば国定忠治が有名。

上條恒彦の歌う主題歌「だれかが風の中で」のシングルは、1972年だけで23万枚を売り上げるヒットとなった。

桃太郎侍 1976-1981

ひとーつ 人の世の生き血をすすり
ふたーつ 不埒な悪行三昧
みっつ 醜い浮世の鬼を
退治してくれよう 桃太郎

数え歌を挟みながら悪人をばっさばっさと斬っていくご存じ桃太郎侍。
般若の面をかぶって登場し、誰何されると面を取り「桃から生まれた桃太郎」とうそぶく。そして罪をあげつらい、「断じて許し難し。桃太郎、天に代わって鬼退治致す!」とさらにうそぶく。悪党からしたら、夜分に人の屋敷に勝手に入ってきて鬼退治とかこいつ何言ってんだと、みんなで斬りかかるというパターン。この時代劇の王道を行く勧善懲悪と、定番のクライマックスシーンにお茶の間がテレビに釘付けになったのである。
桃太郎の正体は、第11代将軍・徳川家斉の子にして、のちに若年寄となる松平備前守の双子の兄弟、松平鶴次郎。当時武家や公家において双子は忌み嫌われ、里子に出されるか、間引かれるのが普通であり、弟だった鶴次郎も例外ではなく、普段は素浪人として浅草のお化け長屋に暮らしていた。剣術は小野派一刀流を心得ており、その剣の使い手として用心棒の売り込みをしたこともある。

桃太郎侍といえば高橋英樹。キレッキレの殺陣は見事であるが、この動画に肝心の数え歌のシーンはない。ちなみにDVDで見られるのは今のところ市川雷蔵主演の映画の方だけ。

仮面の忍者 赤影 1967-1968

豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に金目教という怪しい宗教が流行っていた。それを信じない者は、恐ろしい祟りに見舞われるという。その正体は何か?藤吉郎は金目教の秘密を探るため、飛騨の国から仮面の忍者を呼んだ。
その名は・・・・赤影参上!

たかが戦国時代の忍者の話と侮ってはいけない。空を飛ぶのは当たり前、破壊光線を放ったり、ロボットを操ったり、空飛ぶ円盤が出てきたり、怪獣があばれたり、すべて”忍術”と言う言葉でで片付けられた。このあまりにも自由すぎる時代を超えた奇想天外の世界観に、当時の子供が夢中になったのは無理もない。

本編は4部に分かれている。
第1部 金目教編 甲賀 幻妖斎率いる霞谷七人衆との戦い
第2部 卍党編 甲賀 幻妖斎率いるまんじ党七人衆とギヤマンの鐘争奪戦
第3部 根来十三忍編 夕里彈正と暗闇鬼堂率いる根来十三忍からの信長護衛
第4部 魔風忍軍編 魔風雷率いる魔風忍軍の黄金の仮面略奪阻止

第1部は金目像をはじめ巨大なガマや大蜘蛛、黒コウモリ、一ツ目など一番バラエティにとんでいた。第2部は円盤型の大まんじが印象的。第3部と4部はほとんど怪獣映画に近い。

眠狂四郎円月殺法 1982-1983

その剣、触れるものを滅し
その瞳、捉えるものを焦がす

眠狂四郎(ねむり きょうしろう)は、柴田錬三郎の小説が原作。市川雷蔵主演の映画の他、テレビドラマとして知られているのは、1972年 – 1973年の田村正和版がある。
妖刀無想正宗を手に円月殺法という必殺の剣法を操る、クールでしかも虚無感がはんぱない異色の剣士が登場する。お色気シーンもあり(田村正和版では毎回女性の着物の帯を刀一振りではぐ”帯とき殺法”も登場するとか)、「女地獄やわ肌炎上剣」や「女体いけにえ無情剣」といったやたらとそれらしいサブタイトルがつくのが特徴。他とは若干おもむきの異なるおとなの時代劇となっている。

円月殺法とは、下段に構えた刀身を円を描くように動かすことで敵を惑わし、不用意に間合いに入ってきたところを斬る必殺技である。そんなふうに刀を構える奴はスキだらけだから当然斬りかかってくるだろうが、実ははそれで瞬時に催眠状態に陥らせる幻術だともいう。当然誰もがこの技を破ろうと攻略法を考えるのだが、果たして・・・

以下ナレーション
徳川の威信が凋落の兆しを見せ始めた将軍家慶の頃、外様大名薩摩藩を中心に西国十三藩が不穏の動きを見せ始めた。時の老中・水野忠邦の命を受けた武部仙十郎は、この謀議壊滅を急いだ。なぜか江戸を後に西へ向かう無頼の徒・眠狂四郎は、知らず知らずのうちにその渦中に巻き込まれていた。

三匹が斬る! 1987-1995

第11代将軍徳川家斉の治世、文化文政時代。
大物の風格漂う”殿様”、仕官の口を探す素浪人”千石”、お調子者のテキ屋”たこ”、それぞれ気ままに旅する3人が行く先々で偶然出会い、様々な騒動に巻き込まれ、ついでに悪人をやっつける。台詞が現代調で3人の掛け合いが楽しい。型にはまった時代劇とはひと味違う娯楽作品となっている。そして、この形は「三匹の侍」や「荒野の素浪人」など、設定がかなり似ている前例があり、三人組浪人の旅ものとしてひとつのパターンとなっている。
最初は中山道だが、東海道、九州、山陰、陸奥とシリーズ毎に様々な場所を旅していくのも見どころのひとつ。

■矢坂 平四郎(殿様):高橋英樹
小野派一刀流や神道無念流を使う。刀は堀川国広。豪快にして華麗な太刀さばきは一番絵になり、最後の立ち回りを決めるのもこの人。懐紙で刀をぬぐったあと舞い散らせるのが定番。殿様の時だけ刀を鞘に納めるときにパキン!と音が鳴る。
■久慈 慎之介(千石):役所広司
薩摩藩に伝わる示現流の使い手。刀は重い同田貫を使用するため、殴り斬りにするような荒々しい太刀が特徴。叩っ斬るという言葉がふさわしい。
■燕 陣内(たこ):春風亭小朝
甲賀忍者の末裔で忍びの心得があるため、火薬を使ったり、仕込み槍から投げ縄、4連発の短筒など様々な武器を操る。

時代劇旅番組だが、毎回現地ロケするわけではなく、たいていは情景ロケのみで、その土地の雰囲気が出る映像をはさんで済ませてしまう。ただ海のシーンなどは実際に役者を連れて撮影に出掛けるらしい。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

上司にミスを指摘された時の返し方!大人の言い回しで対応したい

この記事は私がまとめました junior_さん ▼ 上司にミスを指摘された時、どのように返せばいいのか? ミスを指摘された経験は誰でもあるだろう 出典重箱の隅をつつく上司……めんどうな人をサラリとかわ …

no image

トラックはアノ天井部分で!?乗り物の「仮眠室」に驚き!!

トラックはアノ天井部分で!?乗り物の「仮眠室」に驚き!!

こんなの欲しかった「便利で効率の上がるオフィスアイテム」6選

この記事は私がまとめました 仕事のモチベーションを上げる!便利でおすすめのオフィスアイテムをご紹介します。 uwajimanさん アマナイメージズ Side view of young busines …

no image

もう食べても太らない!食べる時間を意識するだけで違う「間食」のコツ

この記事は私がまとめました sun3355さん 食べ物についつい手が伸びてしまう アマナイメージズ 仕事途中のデスクイメージ by アマナイメージズ 間食とは、朝、昼、夕の食事以外にとる食べ物や飲み物 …

no image

インスタで話題!らくやきマーカーで作るCAFE風食器が素敵

この記事は私がまとめました nonopokoさん ▼らくやきマーカーって? 先週末に超有名なブロガーさんがアップしていた『らくやきマーカー』速攻ぽちっっとしましたよ! 出典らくやきマーカーで遊んでみる …