Uncategorized

新年の仕事スタート。仕事始めの『常識マナー』をおさえておこう

投稿日:


この記事は私がまとめました

uwajimanさん

まずは出社したら。。

会社で新しい年のスタートを切ることになる「仕事始め」の日は、普段よりも身だしなみにも気を使い、硬めの挨拶を心がけるようにしましょう。

年始の挨拶は、どの会社でも欠かせないものです。「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します」などと挨拶するのが一般的です。

上司や目上の人には、「今年もご指導のほどよろしくお願い致します」と付け加えると良いでしょう。一年の初めの大切な日ですので、爽やかな印象を心がけて、普段は接触のない部外の人にも挨拶は忘れずに行います。

でも…挨拶する順番はどうしたら

デスクにいる人から挨拶をし、いないからといって探す必要はありませんが、できれば午前中に挨拶を済ませます。

Yahoo! 知恵袋ではこんな質問も

年明けに出勤した時は、いつもより改まって「明けましておめでとうございます。」と挨拶しなければいけないのでしょうか?

全員にしなければならないのでしょうか?それともすれ違った人は「おはようございます」でいいのでしょうか?

この質問に対して回答は

私は上司にあたるんですが、3パターンの人がいますね。
①あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
②あけましておめでとうございます。
③普通におはようございます。

私としては、①と②だと、こちらもかしこまらねければならないので、はっきりいって③の人がいいですね。
でも、①②の人の方が丁寧な人だとは思います。

でも理想は③です。

社員同士は、たぶん軽い感じで①言ってますね。

私がもし質問者様の立場なら、わざわざ行って明けましておめでとうございます言うのは部長だけにしますね。

やっぱり、わざわざ席まで行って挨拶するのは課長や部長クラスに対してのようです。

お土産の渡し方にもマナーあり

旅行や帰省のために有給を取得した場合、休んでいる間に社内でフォローしてくれている人達もいるはずです。

例えば、お土産を個別に配らず、休憩スペースなどにまとめて置いておく場合、まず誰からのお土産かわかるようにメッセージを添えておきましょう。その後も、置きっぱなしにするのはNG。

各自のデスクに配る場合は、朝や昼休みなど、仕事の邪魔にならない時間帯を選ぶのがポイント。その際も誰からのものかわかるよう、付箋などに一言メッセージを書いて添えておくことをお勧めします。朝礼がある職場の場合はその時にアナウンスしてもよいでしょう。

仕事始めが憂鬱なときは

しっかり準備をしておいても、それでもやっぱり連休明けの仕事は憂鬱…という人も中にはいるでしょう。

そんな人には正月気分を吹っ切って気持ちを切り替えられるよう、いつもと違う楽しみを用意しておくのがオススメ。

例えば、朝ちょっと早く起きてカフェでモーニングをとってみるなど、仕事始めの朝に気分が上がるようなことをしてみれば、会社に着くころには憂鬱も晴れて気持ちよく仕事を始められるかもしれませんよ。

少しは仕事始めの気分転換になるかも。。

マナーをおさえて気持ちを新たに

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

脱いだら凄かった…あの元AKBたちがセクシーに攻めまくってる件

この記事は私がまとめました stoneflowerさん ▼AKBの美少女メンバーだった高橋希来は、グラビアで大胆な姿を披露! Amazon 【高橋希良】 公式生写真 AKB48 翼はいらない 劇場盤特 …

思わず『ソレを作るとは色んな意味で凄い!』ってなるツイートが面白い

この記事は私がまとめました このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。 futoshi111さん ◆寝姿が可愛かったので めーちっさい@mee …

オシャレ女子の格上げ。新ブランドバッグおすすめ4つ

この記事は私がまとめました pinkswan999さん ◎ファッションコーデで楽しみたいブランドバッグ もんちゃん@Johnnys_JW70730 フォローする この歳になって、ひとつくらいブランドバ …

なんじゃこれ・・・いま飛ぶように売れてる「究極の食パン」

この記事は私がまとめました senegirlsさん ▼高級食パンが斜め上の進化! ◼︎お中元で大人気のすいかパン kamo@kamotate フォローする イトコからのお中元♡ いつも面白い美味しいハ …

世界観を見事に再現!人気作家さんのガチャが素敵すぎる

この記事は私がまとめました 様々なジャンルの大人気作家の方々の素敵すぎるガチャをまとめました。クオリティが高すぎます♪ chica.kさん ◆粘土作家 ぽぼっと。さんの『いちご大福になったサメと仲間た …