Uncategorized

10代が多く発症!?…『スマホ老眼』が意外と恐ろしかった

投稿日:


この記事は私がまとめました

□老眼

老視(ろうし)は、目の障害の一つ。老眼(ろうがん)とも呼ばれるが、老視が正式名称。

日常のふとした瞬間に物が見えにくい時がある、パソコンやスマホの文字が見えにくい、といった症状があれば老眼の可能性があります。

一般的に、40代頃から始まることが多く、60代半ば頃まで症状が進行します。

目の中にあるレンズ (水晶体) と筋肉 (毛様体筋) は、ピントを合わせる働きをしています。

ところが、老化が進むと目の水晶体が固くなり、毛様体筋が衰えることでピント調節機能が低下して、「近くのものを見るとぼやける」「細かい文字が読めない」といった症状が現れます。

□そこで、近年話題になっているのが『スマホ老眼』

まだまだ老眼には程遠いはずの20代から30代の若い世代でも、「夕方になると文字が見えにくくなる」「手元がぼやける」といったまるで老眼のような症状が起こるという現状が多発しています。

スマホ老眼は医学的に調節緊張と呼ばれる状態です。スマホを至近距離で長時間使うことによって一時的に老眼のような症状がでます。

□原因は?

若い方の多くの方が、1日にスマホを2~3時間以上使っているといった調査結果があります。

スマホ老眼になる原因は目の周りにある筋肉の疲れです。このため、ものを見る際に目を酷使する生活を送っている人は症状が出やすくなります。

また、紫外線の次に強いといわれているブルーライトを至近距離で見続けることもスマホ老眼を引き起こす大きな原因のひとつです。

□悪化するとどうなる?

スマホ老眼によるピント調節機能の低下は一時的なもので、目を休めると治ります。

しかし、スマホ老眼の状態を続けていると、目がドライアイになる、視力が低下するなど、身体の不調が出てきます。

また、重篤化してしまうと合併症として「白内障 」になるリスクが急激に上がってしまいます。

□対策法はいくつかある

スマホのディスプレイと目の距離を離すことで、目にかかる負担を軽減できます。

特に、画面の大きいテレビやPCとは違い、スマホは画面が小さいため、どうしても目との距離が近くなりがちです。

スマホを普通に使用する分には問題ないのですが、良くないのは長時間連続で使用をすることです。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

意外に知られていない!?沖縄の食品【お土産にも】

この記事は私がまとめました watakowatanabeさん ガイドブック等には載っていない、県民だからこそ知っているローカルな食品をいくつかピックアップしてみました。県内のスーパーやコンビニで売って …

全女子注意!タピオカにパンケーキ…バズりフードが実は危険かも!?

この記事は私がまとめました これはまじで知っといたほうがいいかもしれませんね…ガチで怖い。 critical_phyさん ◎タピオカブームの裏で危険性が話題に…しかし実は他の食べ物にも思 …

no image

真似したい!子どもの野菜嫌いを克服させたいママたちの工夫が凄い

真似したい!子どもの野菜嫌いを克服させたいママたちの工夫が凄い

no image

あなたは大丈夫?「カップルが完全に別れることになったきっかけ」

この記事は私がまとめました 大好きで一緒にいることになった二人であっても、いつどのようなことがきっかけで別れることになるかわかりません。「カップルが完全に別れることになったきっかけ」をまとめてみました …

恋愛系から青春物まで!秋のおすすめ「マンガ実写化映画」

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開) 1:35 YouTube 9月11日(金)公開/映画『窮鼠はチーズの夢を見る』90秒予告 お気に入り詳細 …