Uncategorized

糖尿病で「両足を切るしかない」と言われた母親 そこに通りかかった名医が足を見て運命が変わる

投稿日:


この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼病院に行ったとしても絶対に治るとは限らない 時としてセカンドオピニオンで活路を見出すこともある

セカンドオピニオン(英: Second opinion)とは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことである。

▼糖尿病で両足切断も仕方なし・・・・途方に暮れていたところ名医が通りかかる

うちの母親、糖尿が酷くて歩けないとこまでいった。総合病院の医者も酷くむくみ、紫に変色した両足を見て「切るしかないです」との判断。その後内科検診待ちで廊下にいた時通りがかった医者が母親の足を見てしゃがみこみ「内科が終わったら僕の診察室で足見せてね」と笑顔で言って去っていった。

言われた診察室に行くとさっきの先生がいて、母の足を撫でていくつかの質問、そして「切らなくていい。入院して薬で治そう。簡単とは言わないけどお母さんの足の指は生きてる。頑張ろうね」と。即入院した母は1ヶ月後にクスリの一つが効いて、元の細い足に戻り、リハを続けて杖で歩けるまでになった。

後日、その先生は病院の医師ではなく、短期で手伝いに来ていたある大学の心臓と血管の専門の教授と聞いた。通りすがりに患者に声をかけ、診断して治すだけでなく、患者の不安を取り除きながら患者の努力を促す。膨大な知識をふりかざして不安を煽る動画医者とは違う本物の医者だと私は思う。

▼両足切断の診断からまさかの復活へ その後10年以上生き、孫の成人を見て彼岸に旅立つ

反応の大きさにびっくり。ありがとうございます。
母はその病院前にも3つの病院で診察を受け、どこも両足切断はほぼ同じ診断。さらに切断後の余命は数ヶ月と言われました。しかしその先生に巡り合って10年以上生き、孫の成人を見て彼岸に旅立てました。

母は「切らなくていいから一緒に頑張ろうてあの先生が言われた。1人じゃなく一緒にと言われたから頑張れる」と言っていました。実際、努力が大嫌いな母がその先生や病院のスタッフに励まされ、リハビリを続けて普通の生活に戻りましたね。医は仁術、まさにその通りと思います。

▼こんなこともあるのか・・・・・名医との偶然の出会いから運命が変わる    ツイッターでの反応

@toodukamamiya ちょっと感動しました!
素晴らしい医者ですね。こんな方が教える立場の方で良かった。この教授の下なら教え子も素晴らしい医者になりますね

@toodukamamiya 素晴らしいお医者さんにお会い出来ましたね。お母さんも喜ばれたと思います。
クルーズ船内で苦しんでいた人々を“ウイルス製造機”と例えた医者とは偉い違いです。

@toodukamamiya とってもいいお話を、ありがとうございました。本当の優しさや誰かを思う気持ち、そんな暖かさが、染み込みました。

@toodukamamiya 全ての事に言えますが、様々な視点があります。外科医なら手術で治す。内科医なら薬で治す。漢方医学なら漢方薬で治す。整体で治す。つまり自分の得意分野で治そうとする。専門家であることは重要ですが様々な視点を持つ事も重要ですね。癌治療も様々な方法があります。

@toodukamamiya @murrhauser もう何年も前ですが知人が腕が腫れて切断しないと命の危険がと言われ
どうしても切断は避けたかったので別の病院で診てもらうと治療で治りました。知人曰く納得がいかない時は別の医師に変えるのも必要じゃないかなと言ってました。

@toodukamamiya 私は母のお腹の中にいた時に若い産婦人科医に「腫瘍」と誤診され摘出手術の日にたまたま急患が入って命拾いしました。

@toodukamamiya 総合病院の前にも三つの病院でも両足切断の診断ならそれが標準なのだろう
多分マニュアルがあって普通の医者はそれに沿って治療するだけで何も考えずに両足を切断するだけなのだろう
でも偶然通りがかったのは普通の医者とは異なる本当の名医だったんだ

@toodukamamiya @spinel313 うちの兄は未熟児で産まれ、当時治療法が確立していなく目が見えないと言われていましたが、たまたまそこの産科に来ていた先生が当時最新の治療法をして下さり、視力は低いものの生活に支障がないくらいになりました。その先生は同じような子を救いたいと大学病院に戻られて研究をする事になったそう

@toodukamamiya 足なんて切ったら一気に体力無くなってすぐ亡くなってしまうと聞きました…

お母さん、本当に運に恵まれた方ですね
その先生とすれ違って見てもらえて10年以上も寿命が延びた
奇跡ですよ!良い話でした

@toodukamamiya @ayadayo0114 お母様良かったですね
私も手首の尺骨突き上げ症候群と言われ
手術2週間前に知り合いから整体の先生によるとそれは肘が原因らしいよと言われ
その話を聞いた時肘がズキって痛みがはしり
その言葉を信じようと整体に行き
今では痛みもなくなり普通に過ごしてます
運命感じますね

@toodukamamiya @shounantk >通りがかった医者が母親の足を見てしゃがみこみ「内科が終わったら僕の診察室で足見せてね」と笑顔で言って去っていった。

これが全て。どんなにエライ先生でも歩きながら周囲の患者を観察し診察するように教えてくれません。本業を如何に理解し「実践」出来るかでしょう。

>通りがかった医者が母親の足を見てしゃがみこみ「内科が終わったら僕の診察室で足見せてね」と笑顔で言って去っていった。

これが全て。どんなにエライ先生でも歩きながら周囲の患者を観察し診察するように教えてくれません。本業を如何に理解し「実践」出来るかでしょう。

@toodukamamiya @shounantk それはいい出会いでしたね
うちの義父は切断後2週間で亡くなりました
しかも、担当医は切断1週間で退院させようとしました
傷口が塞がらないにも関わらず

@toodukamamiya @GUNMA__KENMIN 巡り合わせ大事ですね、私の母はステージⅠの肺がんで手術をして成功しましたが、そのまま脳梗塞を起こし現在も寝たきり、意思疎通不可です。リスクはゼロでないのは分かっていますが、家族には相対する医師で色々な疑念も生まれます。未だに主治医、麻酔医、拘束後の脳外科医は信用出来ない。

@toodukamamiya 医学書だけ勉強してきた医者はマニュアル通りの診断しか出来ないのでしょう。

@toodukamamiya 心臓&血管ドクターは宝です。活きている箇所を救うために、バイパス手術ひとつにしても、その効果やリスクを患者に提案&選択肢を与えてくれる。お母様、どうぞお大事に。

@toodukamamiya セカンドピニオンって大事なんだなと再確認

@toodukamamiya サクラさん、セカンドオピニオンという考え方か、ツイートされている皆さんに共有できるといいですね。いくつかの治療方法を知り、どれかにするのか選択する、自己決定を大事にする考えです。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

買って正解!激売れしてるアイスが美味すぎる♡

この記事は私がまとめました 人気アイスの感想・口コミなどをまとめました smalltownさん メープルシロップもたっぷり♪『雪見だいふく パンケーキ』 これまでさまざまな種類を発売してきた雪見だいふ …

no image

生産性がアップする!?多くのメリットがある「スタンディング会議」のススメ

この記事は私がまとめました cobalt0822さん 長時間の会議にうんざりしてませんか?? GettyImages 会議の時間は長ければいい訳ではありません。 お気に入り詳細を見る 長時間かければい …

読書をしても何も変わらないのはナゼ?

この記事は私がまとめました kinokojpさん 読書は最大の自己投資 GettyImages お気に入り詳細を見る 雷茄@rainax0512 フォローする 今年はまだ一冊も本を完読してなくて本当に …

no image

覚悟なのだ…みんなの『お金の使いみち』にまつわる見解が興味深い

覚悟なのだ…みんなの『お金の使いみち』にまつわる見解が興味深い

期待作多数!今週発売のおすすめ「新作マンガ」(2020年7月第1、2週)

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆『アデライド』(漫画:SUHO 原作:Chae Habin) 出典www.e-hon.ne.jp お気に入り詳細を見る 突然の交通事故の後伯爵の娘とし …