Uncategorized

特有の生きづらさも‥可視化されない「女性ひきこもり」の実態

投稿日:


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●近年、深刻化している「ひきこもり」問題

中高年ニートは、社会から孤立し、「ひきこもり」状態になっていることも多い。

内閣府が2010年に発表した、ひきこもりの実態調査を含む「若者の意識に関する調査」では、35~39歳のひきこもりが23.7%ともっとも多く、この結果は広く報道された。

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6カ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」と厚生労働省では定義づけています。

●そんな中、近年、女性のひきこもりが増加している?

中高年のひきこもりが話題になっているが、一方で女性のひきこもりも意外と多いことが知られていない。

・ちょっとしたことがきっかけで、ニートになってしまうことも?

女性でニートの場合「家事手伝いをしています」という理由付けをしているため、女性ニートの割合が少ないとされています

●そもそも「ひきこもり」とは?

内閣府は仕事や学校に行かず、半年以上、家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる人を「ひきこもり」と定義。

「自室からほとんど出ない」「自室からは出るが、家からは出ない」「近所のコンビニなどには出かける」「趣味の用事のときだけ外出する」に当てはまる人

2019年にまとめられた最新の調査では40歳から60歳までで61万人と推計されています。

●女性の「ひきこもり」主な事例

・職場での圧力がプレッシャーになり退職

「社会人になり、仕事のミスが後を絶たない自分に嫌気がさしました。病院での検査の結果、ADHDであることが判明。

しかし、上司からの『女性だったらこの仕事ができて当たり前だろ?』という圧力がプレッシャーになり、退職することになりました」

・実家暮らしの女性の例

Aさんは、現在26歳です。不登校から始まった引きこもりは、そろそろ10年に達しようとしています。

彼女は何回もこの閉塞的な状況を変えようと努力をし、家を飛び出して住み込みで働いたり、あるいは家からアルバイトに出たりしましたが、いずれも長続きはしませんでした

それどころか外に出て働いたりしたあとは、落ち込みもかなり激しく気分が不安定になり、家で母親や妹に激しくぶつかったりもしました。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

研究でも効果が明らかに…『がん予防』に効果のある食べ物

この記事は私がまとめました わらわら5さん □2人に1人ががんになっている GettyImages 数えきれない人ががんによって命を落としています お気に入り詳細を見る 統計によると2人に1人が生きて …

誕生色にミラー付き…SNSで話題の個性的なスマホケース

この記事は私がまとめました amasayaさん 100周年記念で発売中のクロッキーブックとスケッチブックのスマホケース はち@YouTube【まんぷくアートスタジオ】@hachiyahachi1 フォ …

no image

生産性がアップする!?多くのメリットがある「スタンディング会議」のススメ

この記事は私がまとめました cobalt0822さん 長時間の会議にうんざりしてませんか?? GettyImages 会議の時間は長ければいい訳ではありません。 お気に入り詳細を見る 長時間かければい …

初心者は知らない…プロの95%が使っている一眼レフ撮影テク『親指AF』

この記事は私がまとめました lessthanpandaさん ひとつ上の写真撮影へ!「親指AF」とは? 出典photo-studio9.com 「親指AF」は、通常シャッターボタン半押しで行うAF(オー …

皆の封印されし「下書きツイート」がカオスすぎる件

この記事は私がまとめました あざらし部長さん ◆Twitterの「下書き」は名言の宝庫? 出典post1.asia お気に入り詳細を見る Twitterをやっていると、必ず溜まってしまうものが「つぶや …