Uncategorized

意外と知らない?「有給休暇」の取得に理由は必要?必要ない?

投稿日:


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「有給休暇」を取得するときに、理由を聞かれることがある?

有給休暇を取得するときに、会社によってはしつこくその理由を問いただされることがあります。

●そもそも「有給休暇」とは?

労働基準法第39条で定められた労働者のための休暇であり、「有休」「年休」などとも呼ばれています。

週休日とは別に、賃金の保障された一定の日数の休暇を付与することによって、 労働者の心身のリフレッシュを図ることを目的とするものです。

・「有給休暇」が発生する仕組み

働きはじめてから6か月が経過し、その6ヶ月間に全労働日の8割以上出勤した場合には10日間の有給休暇が発生します。

その後も1年ごとに、全労働日の8割以上出勤すると有給休暇が発生し、その日数も年々増えていきます。

(たとえば、1年6カ月が経過すると、11日の有給休暇が発生します)

全労働日とは、1年の総歴日数-(所定休日数+使用者の責に帰すべき事由による休業期間+ストライキ期間)を言います。

当初の6カ月以降の継続勤務2年目までは1労働日ずつ、3年目以降は2労働日ずつ加算され、20日が法律上の上限となります(労働基準法第39条2項)。

また一定の条件を満たしていなくても週の出勤日数等に比例した有給休暇がもらえます。

・「有給休暇」をいつ取るかは、労働者の自由とされている

年次有給休暇をいつ取るか,また,それをどのように利用するかは,労働者の自由です。

会社は,休暇の理由によって,休暇を与えたり与えなかったりすることはできません

白石営林署事件・最二小判昭和48年3月2日

●「有給休暇」を取得するときには、理由は必要?

本来、有給休暇を取得する理由について提示することを強制することは出来ません。

同時に有給休暇の理由を提示させることは労基法違反に当たります。 また、理由によって申請を却下することも本来は認められていません。

通常の休日と同じように、どんな理由で休むのか、つまり休んで何をするのかを報告する必要はないと考えることができます

・さらに「有給休暇」取得を理由に不利益な扱いも禁止されている

会社は労働者が有給休暇を取りたいと申出た場合、原則として受け入れなければなりません。

使用者が,年次有給休暇の取得を理由に,労働者に対して不利益な取扱いをすることは,労働基準法によって禁止されています。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

物語の世界に浸れる♪長野の大自然の中にある絵本美術館

この記事は私がまとめました kazooneさん 大好きな絵本をアクティブに楽しめる絵本美術館の魅力 アマナイメージズ 絵本を読むハーフの男の子 by アマナイメージズ お気に入り詳細を見る 絵本美術館 …

no image

これは使える…Twitterで見つけた「ポジティブに生きる思考術」報告

これは使える…Twitterで見つけた「ポジティブに生きる思考術」報告

no image

いい湯だけでなく、アートにも浸れる素敵すぎな銭湯

この記事は私がまとめました _n_a_y_u_t_a__さん ただ浸かるだけじゃない 体を芯からあっためながらアートにもひたる。 お気に入り詳細を見る アマナイメージズ 温泉イメージ by アマナイメ …

no image

ポイントは4つだけ!運動を続けるってこんなに簡単だったんだ♪

この記事は私がまとめました stoneflowerさん ▼体型をキープするためには、食事、睡眠、そして…運動。 アマナイメージズ 運動をする日本人女性 by アマナイメージズ お気に入り詳細を見る 健 …

no image

落書きの域を超えてる!みんなが描いたスタバのカップアートが凄い

この記事は私がまとめました amasayaさん スタバのカップ上でみんなの芸術が爆発している! atmねえさん@atm_illust フォローする 大阪のおばちゃんに人気のヒョウ柄カップ( ^&ome …