Uncategorized

年収240万→5000万を達成したmoto氏の考え方が参考になる

投稿日:


この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■年収240万円、ホームセンターの店員だったmoto氏

motoさん(32)は短大卒業後、地方で年収240万円のホームセンターに就職するキャリアからスタート

地元のホームセンターでレジ打ちからキャリアをスタート。年収は240万だった。その間、採用の仕事を任されることに

■その時始めたブログが要因で転職が決まる

個人で就活ブログを起ち上げたところ、話題になり買収オファーが届く。時を同じくして、転職オファーも舞い込んだ

・1社目、ホームセンター(240万円)・2社目、大手人材会社(330万円)・3社目、リクルート(540万円)・4社目、楽天(700万円)・5社目、広告ベンチャー(1000万円)

motoさんはホームセンター勤務からリクルートなど4回転職を重ね、今はベンチャー企業の営業部長として年収を1250万円まで高めた

■moto氏は「副業」でも稼ぐ

motoさんは会社勤めを続ける傍ら、副業や転職についての情報発信を続けている人物

業務内容:主に転職に関する情報を発信するブログを立ち上げ、コンテンツを執筆。そのほかにもTwitterやVoicy、noteでも転職や年収、キャリア、副業について情報発信している。ブログ上に表示されるアフィリエイト広告が主な収入源

■そんなmotoさんの考え方が参考になる。まずは副業をする意味

取引先が1社(本業)だけでは、そこから得られる収入には限界がありますし、もし仮にその取引が終わってしまったら倒産してしまうリスクが

サラリーマンは、会社に縛られていても給与は大きく上がりません。だからこそ副業が必要

自分が倒産しないためにも、副業をして取引先(収入源)を増やしておくんです。それは生涯年収の最大化にも繋がるし、本業のリスクヘッジにもなります

■副業で意識していることとは

多くのサラリーマンは、本業を頑張って、その知見をアウトプットして「資産化」していくのが大事。これが、僕が伝えたい副業のキモ

とにかく自分のことを“発信できるツール”を見つけることです。それはブログでもnoteでもなんでもいい。そこで“自分が仕事で得た成功体験”を書く

自分のいる業界の話を出すだけでも、(他業界の)普通の人々は知らない情報があったりします。自分にとって「当たり前」のことでも、まずは発信してみるのが大事

■そして本業で意識すべきこと

【市場価値(=生産性)を高める5つの力】①論理的な思考ができる力②構造的に物事を捉える力③物事を俯瞰したうえで、課題を特定する力④課題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せる力⑤ ①~④を用いて組織をマネジメントする力

要約すると「自分の仕事をちゃんと理解したうえで、どんな人にでもわかりやすく説明できて、行動を伴っている人」

「自分が他者に対して何を与えられるのか」を考えることでもある。自分がもらうことばかり考えていては、市場価値など上がらないし、年収を上げることもできない

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

Twitter発。『やりたい事をやった人の話』が色々と興味深い

この記事は私がまとめました このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。 futoshi111さん ◆白線の上だけを歩きたい アマナイメージズ …

買って良かった♡と絶賛されている「注目コスメ」5選

この記事は私がまとめました チーズアップさん ハイライトとしても使える… Cait@CETI_gala フォローする 今日はオンリーミネラルのミネラルクリアスムーザーを買いました 塗っても …

no image

切りすぎちゃった…髪の毛をできるだけ早く伸ばす7つの方法

この記事は私がまとめました ppp_comさん ■髪の毛を切りすぎちゃった… GettyImages やっちゃった… お気に入り詳細を見る イメチェンしようと思って、おもいっきり髪の毛を切ってしまった …

no image

ガラスの極致。「スワロフスキー・クリスタルワールド」の世界

この記事は私がまとめました hiepitaさん 「スワロフスキー・クリスタルワールド」の世界へ♪ 出典amd.c.yimg.jp 「クリスタル」がテーマの美術館 オーストリアの州都インスブルックから東 …

no image

『Heaven?』から『スカム』まで!夏ドラマは「コンビ役」に注目

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆『べしゃり暮らし』(土曜夜11時15分、テレビ朝日) 出典twitter.com お気に入り詳細を見る 森田まさのりの同名コミックを劇団ひとり演出でド …