Uncategorized

今年のエインフルエンザは流行が早い!『予防と対処法』まとめ

投稿日:


この記事は私がまとめました

uwajimanさん

すでに流行っている!?

今年の特徴は例年ならばインフルエンザA型(1月下旬から2月上旬)が流行ってから、B型(2月中旬から下旬)が流行るのに、もうすでにB型も流行しはじめているのことです

流行の時期と症状

日本でのインフルエンザの流行は、例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり、1月下旬から2月上旬にピークを迎え、3月頃まで続きます。

インフルエンザは、1~4日間の潜伏期間を経て、突然に発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きます。

「風邪」と「インフルエンザ」の違いは?

流行する時期は冬がピークになりますが、夏風邪など気候の変化や冷えをきっかけに、一年を通して風邪をひく可能性があります。

多くの場合、発症はインフルエンザに比べて穏やか、熱の上がり方も緩やかで、だいたい37℃から38℃台の前半くらいまでにとどまることが多いようです。

潜伏期間は、1日から4日(最長7日)でその後突然発症します。

症状は、38度以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、筋肉痛、などを呈します。おう吐や下痢など、消化器症状が見られる場合もあり、通常のかぜに比べ全身症状が強く出やすいことを特徴とします。

予防するには?

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。

合併症にも気を付けて!!

高熱がなかなか引かず、呼吸困難やチアノーゼ(呼吸機能が低下し、皮膚や唇が紫色に変色する状態)などの症状がみられたら、肺炎や気管支炎を起こしている可能性があります

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

Twitter発、ウイスキーをかけると悪魔的にうまくなるスイーツたち

この記事は私がまとめました choco-rollさん スイーツにウイスキーをかけると、めちゃくちゃうまくなるらしい! GettyImages お気に入り詳細を見る ■ウイスキー×雪見だいふく ウイスキ …

Twitter発~リアルクッションこんなのあったんか~い!

この記事は私がまとめました pinkswan999さん ◎最近のクッション、リアルブームかーーい! 造形があまりにもリアルなため、人によっては悲鳴を上げてしまうかもしれません。 出典リアルすぎて後ずさ …

no image

え、マジで…!?医師も警告する『ストロング系チューハイ』が話題

え、マジで…!?医師も警告する『ストロング系チューハイ』が話題

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』も!8月公開のおすすめ「アニメ映画」

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開) 出典eiga.com お気に入り詳細を見る 山崎貴が総監督を務める、人気ゲーム「ドラゴンクエス …

これは盲点だった・・・星乃珈琲の「爆注文メニュー」を集めました♡

この記事は私がまとめました tatsubo1208さん ■スフレパンケーキ ありさ@arisa_summer フォローする 星乃珈琲のスフレパンケーキ相当大好きです pic.twitter.com/M …