Uncategorized

今年のエインフルエンザは流行が早い!『予防と対処法』まとめ

投稿日:


この記事は私がまとめました

uwajimanさん

すでに流行っている!?

今年の特徴は例年ならばインフルエンザA型(1月下旬から2月上旬)が流行ってから、B型(2月中旬から下旬)が流行るのに、もうすでにB型も流行しはじめているのことです

流行の時期と症状

日本でのインフルエンザの流行は、例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり、1月下旬から2月上旬にピークを迎え、3月頃まで続きます。

インフルエンザは、1~4日間の潜伏期間を経て、突然に発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きます。

「風邪」と「インフルエンザ」の違いは?

流行する時期は冬がピークになりますが、夏風邪など気候の変化や冷えをきっかけに、一年を通して風邪をひく可能性があります。

多くの場合、発症はインフルエンザに比べて穏やか、熱の上がり方も緩やかで、だいたい37℃から38℃台の前半くらいまでにとどまることが多いようです。

潜伏期間は、1日から4日(最長7日)でその後突然発症します。

症状は、38度以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、筋肉痛、などを呈します。おう吐や下痢など、消化器症状が見られる場合もあり、通常のかぜに比べ全身症状が強く出やすいことを特徴とします。

予防するには?

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。

合併症にも気を付けて!!

高熱がなかなか引かず、呼吸困難やチアノーゼ(呼吸機能が低下し、皮膚や唇が紫色に変色する状態)などの症状がみられたら、肺炎や気管支炎を起こしている可能性があります

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

作業が捗りそう。「デザインが秀逸な文房具」をまとめてみた

この記事は私がまとめました hakyunaさん ▼ こんな文房具なら作業が捗りそう。 ◇ 片手で操作する電卓 出典s3-ap-northeast-1.amazonaws.com 「trystrams …

スタバは“スモアフラペ ”‥人気カフェ「新作ドリンク」がうまそすぎ!

この記事は私がまとめました kyama77さん ●「ピーチオンザビーチフラペチーノ®」が好評のスターバックス スターバックス コーヒー@Starbucks_J フォローする 7/19(金)から、真夏を …

響くダムダム音…「桜木花道のシュート練習を眺めるアプリ」が和む

この記事は私がまとめました 流川楓の姿も? nyokikeさん ▼人気漫画「SLAM DUNK」の作者・井上雄彦さんが作ったアプリが注目されています 井上雄彦 Inoue Takehiko@inoue …

「30歳まで卒業しません」‥AKB柏木由紀の発表に歓喜の嵐

この記事は私がまとめました kyama77さん ●AKB48、NGT48のゆきりんこと柏木由紀さん Amazon 柏木由紀 2nd ソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド ~夢中にさせちゃうぞっ( …

no image

実は「安全第一」じゃなかった…かつては安全そっちのけという事実に驚きの声が!!

実は「安全第一」じゃなかった…かつては安全そっちのけという事実に驚きの声が!!