Uncategorized

すごい…タイでサメの歯をもつ「新種の恐竜」が見つかる

投稿日:


この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■海のハンターとして有名なサメ

約4億年前に姿を現して以降、現代に至るまで海における生態ピラミッドの上位の座に君臨し続けてきた。

■サメの特徴といえば「大きくて鋭い歯」

大きく鋭いサメの歯には生え変わる性質があり、一つの歯が抜けると、待機していた次の歯がすぐに出てくる。

歯の生え変わりは2~3日おきに起こり、一生のうちで約2万本もの歯が生え変わると言われている。

■そんなサメのような歯を持つ「新種の恐竜」が発見された

タイ中部のバンサパンヒン近郊で、「サメのような歯を持つ新種の肉食恐竜」の化石が発見された。

■詳細

見つかったのは全身の各部で、調査の結果、推定体長は7.5メートル、気嚢(呼吸器官)を持つ骨格である事が判明。

カルカロドントサウルス類に属し、東南アジアでこれほど状態の良い化石が見つかったのは今回が初。

この肉食恐竜は「サイアムラプトル・スワティ」と名付けられ、10月9日付けで学術誌「PLOS ONE」に論文が発表されている。

■カルカロドントサウルスとは

ティラノサウルス以前に地上を支配していた大型肉食恐竜

推定体長は約12~13.3m、頭骨長約1.6m、体重は6~15tで、ティラノサウルス以前に食物連鎖の頂点に君臨していた大型肉食恐竜。

最大の特徴はサメのような歯

カルカロドントサウルスの歯は鋸状で断面が薄く、まるでサメの歯のような特徴がある。

カルカロドントサウルスという名前は「ホオジロザメ(の歯をもつ)爬虫類」という意味で、新鮮な肉のみを食べていた真の捕食者。

■今回の発見は重要な意味をもつ

カルカロドントサウルスの仲間が最初に見つかったのは1914年で、その後、大型の肉食恐竜も含めた近縁種がさらに発見された。

今回の発見は、カルカロドントサウルス類がアロサウルス類などと同じく、白亜紀前期までに地球全体に広がっていたことを示すものとなる。

当時、北米大陸はヨーロッパとアジアとつながっており、3大陸の恐竜は行き来していたことが伺える。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

そう来たか!お洒落だけどちょっとクセがあるデザインラグとカーペット。

この記事は私がまとめました JPNMILANOさん だまし絵みたいなカーペット カスピ海に面した国、アゼルバイジャンは伝統的なカーペットが有名。Faig Ahmedさんは、そんなアゼルバイジャンカーペ …

no image

これはめちゃ分かるわ…女性が「黒髪」を染めたくなってしまうワケ

これはめちゃ分かるわ…女性が「黒髪」を染めたくなってしまうワケ

no image

あなたの健康は会社での過ごし方にかかっている!オフィス健康法

この記事は私がまとめました junior_さん ▼ 会社のオフィスでの過ごし方が大事です GettyImages お気に入り詳細を見る 企業に勤める会社員が健康になることが大切です 出典従業員の健康を …

春まで使える!ユニクロから出た「新作アイテム」が欲しすぎる

この記事は私がまとめました チーズアップさん 立体的なシルエットがポイント! 七味@shichimi_aji フォローする ユニクロ新作の3Dニット、切り替え無しだから骨格ナチュラルにはうれし〜〜 実 …

これがあると便利Σ(゚Д゚)デスク周りで使いたい「無印グッズ」

この記事は私がまとめました ramunenomitai7さん 〇デスクワークが多い人って結構いますよね! ゆく@Ruri69_ フォローする ドライアイです。湿度20%切る職場でずっとデスクワークして …