Uncategorized

決して無駄じゃない!集団の中に一定数の”怠け者”が必要な理由

投稿日:


この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■はたらきものというイメージが強い、蟻

■しかし、全体の7割程度の蟻は仕事をサボっているらしい

巣の中を観察してみると、7割くらいは何もしておらず、長い間ずっと何もしないままのアリもいます

自分の体を舐めたり,目的もなく歩いたり,ただぼーっと動かないでいるなど,およそ労働とは無関係の行動をとっている

働きアリとは名ばかりで、実はまったく働いてない働きアリが圧倒的大多数を占める

■はたらきものを集めても、やっぱりサボる蟻が一定数出てくる

働かないアリだけを集めれば、組織活動が停止してしまうように思うのですが、そうなりません

働くアリだけを集めても一部が働かなくなり、働かないアリだけを集めると一部が働き始める

■この「働かない蟻」は集団にとって意味のある存在らしい

アリの集団が長期間存続するためには、働かないアリが一定の割合で存在する必要があるとの研究成果を、北海道大の長谷川英祐准教授らのチームが16日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した

長谷川准教授は、「普段働かないアリがいざという時に働いて、集団の絶滅を防いでいる」と話す

働いてないように見えるアリも実は、待機要員であって、何か大きな仕事(エサ)ができたときに駆けつけるための人員として必要

皆が一斉に働くシステムだと、同じくらい働いて同時に全員が疲れてしまい、誰も働けなくなる時間が生じてしまいます

アリが皆一斉に働いて、一斉に疲れてしまうと巣の存続が危うくなってしまう

■これは人間社会にも同様の考え方が当てはまります

全従業員を働かせ続けて、事業をまわしているような企業は、緊急の事態が来たら、労働力の不足により業務が回らなくなりかねません

皆で一斉に働いた方が仕事は早く片付くのであるが、それでは想定外の仕事量になったときに対応することが出来なくなる

■何かと効率化が美徳化される現代の人間社会

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

【ドラッグストア】去年から引き続き今年もバズってる「優秀コスメ」

この記事は私がまとめました ramunenomitai7さん テカリ・毛穴が気にならない肌になる… Amazon 資生堂 SHISEIDO エリクシール ルフレ バランシング おしろいミル …

沈黙はもうコリゴリ!初対面の人とスマートに会話するコツ

この記事は私がまとめました ppp_comさん ■「初対面の人との会話が苦手…」 アマナイメージズ 落ち込むビジネスウーマン by アマナイメージズ お気に入り詳細を見る すらゐ@SLY_surawi …

no image

瓶にLEDライトを詰めただけのランプがオシャレ!大人リッチな空間演出に。

この記事は私がまとめました candyoddsさん 瓶にLED入れたランプがオシャレ! 電池式のLEDイルミネーションを瓶に詰め込むだけのお手軽インテリア。 簡単なのにとってもおしゃれ。 出典省エネ+ …

no image

その気持ちわかるわ…仕事や勉強中に「掃除」がしたくなる心理

その気持ちわかるわ…仕事や勉強中に「掃除」がしたくなる心理

no image

今夜試してみる?マジで疲れが取れる闇風呂が良さそう

この記事は私がまとめました キメラのつばささん お風呂で劇的に疲れを取る方法があるらしい! GettyImages 日常の生活の逆転の発想でリフレッシュするお話です。 お気に入り詳細を見る 入浴時間を …