Uncategorized

判断ポイントはココ!みんなが「ダイエット成功かも♪」と思った瞬間

投稿日:


この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼女性の永遠のテーマでもあるダイエット。

食事制限や運動を続ければ痩せられることは誰しもが分かっている

目に見える成果が欲しくなるもの。体重が減ったとか服のサイズが小さくなったとか。けれども本当にそのダイエット方法があなたに合っていて無理のないものかどうかを見極めるポイントは数字ではない

□判断ポイントはココ!「ダイエット成功!」と実感する瞬間!

・「食べ物の選択が上手になった」

寝る前に鏡見て思ったんだけど、ダイエットって楽しくないですか?自分の最近の趣味はダイエット✨
痩せて行く自分を見るのも楽しいけど、〇を△g□kcal体に入れて出来た体がこれだって思うのが楽しい♡
メニューとか説明書を参考に自分を作っていくような感覚。
#ダイエットモチベーション

自分の実感でしか無いけど。プロテインや食事で蛋白質を意識して多目に摂る様になってから、今自分にどんな栄養素が足りてないか感じやすくなった。足りないものを食べると、少量でもちゃんと満足するって、身体と脳を納得させることだ。
#ダイエット #筋トレ #筋トレ女子

・「食事後にきちんと満足感があること」

ダイエットを成功させるためにも、賢く食事をしたいもの。同じ量を食べても満腹感を得られやすい食品はダイエットの大きな味方

そもそも食感を大事にするのは日本人の特徴の一つであり、ゆっくり咀嚼しながらシャキシャキした食感や食べ応えを楽しむと脳で「しっかり食べた!」という充足感が深まり、少量でも満足しやすい。

どんなに低カロリーなものでお腹を満たしても心が満たされてなかったら物足りなく感じて結局衝動食いしてしまう。
逆に少量でも心が満たされる食事をすると満足できる。
ダイエットは精神面が1番大事だし食べることと生きることは引き離せない存在だからダイエット中でも食事は疎かにしたらだめ。

ここ数ヶ月ダイエットしてて気づいたんだけど、「腹七分」って一番幸せだよ。美味しいご飯を満足できるまで食べられたって一番強く感じる量。食べすぎるとお腹いっぱいだし罪悪感すごいしていろんな意味で苦しくなる。腹七分くらい目指して毎食食べよう☀️

だけど、私は今でもダイエット中だと言うのに食事後には十分の満足感が得られている、そして週一の計測で一応自分の決めた範囲の応えが返って来ている事実!あなたのダイエット間違って辛くありませんか!?

・「ダイエットに生活を振り回されなくなった」

ダイエット始めた頃は体重の増減に異常に固執して、増えてたらその日一日中気分が暗くなってしまっていた。
でもこのアカウント始めてから自分の体について勉強できたことで 振り回されなくなった。
それだけでも成長してると思う。
健康的に痩せるのが1番

一般的に痩せ期って言われる時期より痩せにくいって言われる時期の方が減ってることが多かったり。
食べ物とかも変わってるのでなんとも言えないけどあんまり振り回されなくなったかも。

要は食事と運動!
増えたらそれは水分!!
くらいの考えで生きております今日この頃*\(^o^)/*

#ダイエット

・「しっかり眠れている」

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

これ粘土なの?ポリマークレイを使った手作りが楽しそう!

この記事は私がまとめました amasayaさん ポリマークレイって?? 最近、特に日本でも注目されている「ポリマークレイ」は、家庭用のオーブンで簡単に加熱ができるオーブン粘土です。 出典【楽天市場】ポ …

no image

自然の神秘!色鮮やか♪思わず目を疑う世界のカラフルな絶景【5選】

自然の神秘!色鮮やか♪思わず目を疑う世界のカラフルな絶景【5選】

no image

政治家も実践している『握手』の効果が凄い!

この記事は私がまとめました usausa2000さん ▼握手 最近日本でも挨拶といえば握手が一般的になってきてますよね 出典未来への歩み。: 『握手』 探して追加|アップロード お気に入り詳細を見る …

no image

お手軽習慣で眠りの質が変わる!!『快眠のコツ』とは?

この記事は私がまとめました uwajimanさん 「質の良い睡眠」が手に入る GettyImages 簡単に出来る快眠のコツとは? お気に入り詳細を見る 寝ているはずなのになかなか疲れが取れないと感じ …

no image

おしゃれなオフィスに似合う「テープカッター」がイイ感じすぎる。

この記事は私がまとめました hakyunaさん ▼ お洒落な形のテープカッターがイイ感じすぎる。 ◇ アイコンのようなテープカッター 出典webdesignmagazine.net 「METAPHYS …