Uncategorized

本当に痛くない!?「無痛分娩」を決める前に知って欲しいこと

投稿日:


この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

無痛分娩とは・・・

出産の痛みは、子宮の収縮による陣痛と、赤ちゃんの頭によって、膣や外陰部などが押し広げられるときの痛みがあり、これら痛みを麻酔によって和らげます。

痛みの軽減を考える人や高齢出産で体力に自信がない人の中には、「出産するなら無痛分娩で」と考えている人もいるのではないでしょうか。

日本の普及率はまだまだ低い・・・

アメリカやフランスでは、積極的に無痛分娩を行っていますが、日本での普及率はまだまだ低いのが現状です。

海外では「出産の痛みが取り除けるならばそうした方が良い」という考えを持つ者が多く、麻酔でコントロールするのが主流になっている。

アメリカなどではむしろ無痛が当たり前になっているそうで、「何で日本人は痛みをわざわざ経験するのか」と不思議に思われるそうです。

無痛分娩を行う時、一般的な方法である硬膜外麻酔を用いる時には産婦人科医だけでなく、麻酔医も必要になります。

無痛分娩には、万が一に生じるリスクもある為、麻酔の処置を熟知した、麻酔医による徹底した管理のもとで分娩が行われなければいけません。

両方を兼ね合わせている、かつ分娩もできる施設は個人のクリニックでは難しく、大きなクリニックや総合病院でしか万全の態勢が整った無痛分娩が行える施設がないと言う事も、無痛分娩が広がらない理由のひとつとなっています。

日本では無痛分娩処置は産科医がしたり、麻酔科医にお願いして もらったりで、専門的に行っている医師はほとんどいません。

日本では「陣痛の痛みに耐えてこそ」という考え方が根付いていたため、『無痛分娩』だと愛情が薄くなるという思い込みがみられます。

「夫が無痛分娩という選択を理解してくれない」といったケースもあるという。夫が自分で出産するわけではないにもかかわらず、だ。

また、意外に多いのが、同じ女性である妊婦の母親が無痛分娩に反対するケースである。

「できるだけ少ない痛みで出産したい」「怖い思いをしたくない」などの理由から無痛分娩を希望する女性は多く、扱う産院も増えている一方で、「薬を使って産むのは危険」「自然に出てくるときの痛みも大事」「無痛分娩は甘え」などと考える親世代から反対され、悩む妊婦も少なくないようです。

無痛分娩の事両親に話したら

母「麻酔で余計なリスクを負わない方がいいんじゃない?」←体を心配してくれてるのでまぁ良し

父「痛みがないと母性が生まれないんじゃないの?」←は?

母が、産まないあなたが言っちゃいけない言葉だよ!って怒ってくれたけど父がそういう考えだったのがショック…

友人が妊娠中で、無痛分娩の相談を受けた。「いいんじゃない」と共感したら、突然泣き出してびっくり。「子どもはお腹を痛めて産むもんだってみんなに責められ続けて辛かった。」と。こういう呪いは本当に害悪。お腹を痛めなくても父親は自分の子どもを大切にできますよ。母親も一緒でしょ。

知り合い男子の妻が無痛分娩でめでたく出産。いい時代だなーと感心してたら陰で必ず言う奴(おばさん)がいるのだ。「痛い思いをしてこそよねぇ」。産み方なんかどうでもいい話だろに。こんな意見の同じ線上に母乳至上主義とか養子縁組みへの偏見とかもありそうな。

どんな産み方をしても、無事に赤ちゃんと対面できたときの感動には変わりはありません。

無痛分娩の賛否はたしかにありますが、おなかを傷めて産まなきゃかわいくないなんて、絶対ないですね。

自然分娩でも帝王切開でも無痛分娩でも、一番素晴らしいお産は「母児ともに安全である出産」だと私は思います。

この風潮に縛られることなく、自分なりの考え方で「よいお産」とは何かをしっかり考えていくべきでしょう。

自然分娩とか帝王切開とか無痛分娩とか、そこを追求して何の意味があるのか
各ママさん達が、自分にとってのベストを選択すればいいだけ。
何を選択しても生命は平等に生まれてくるし、平等に尊い。
方法なんてどうでもいい、母子ともにお産を無事終えることだけが大事だと思う。

先日赤ちゃん産まれました
自然分娩で激痛に絶叫しながら必死に産んだので、後世の出産者の方々のために断言しておくけど、痛みと愛情に比例の関係はやはり 無 でした。
「痛い思いしたから可愛い」なんて感覚はなくて、「すげー可愛いからすげー可愛い」です。

二人目は絶対無痛分娩にしたい…

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

【陸上】世界陸上に集結!注目のアスリート『男子編』

この記事は私がまとめました atalimeさん 男子短距離 GettyImages クリスチャン・コールマン 国籍:アメリカ合衆国種目:短距離走所属:ナイキ大学:テネシー大学生年月日:1996年3月6 …

えっ、簡単すぎるっ!みんなの「パスタ」の茹で方が超使える♪

この記事は私がまとめました パスタを茹でるってそんなに大変なことじゃないけど面倒って時がありますよね。ソースも温めたりするとそれだけでコンロは塞がっちゃうし…。そんな時はコレ!みんなの茹 …

【ダイソー】大人女子が大絶賛している「ファッションアイテム」

この記事は私がまとめました ramunenomitai7さん 可愛いだけでなくバリエーションも豊富… 九来りねと@C96(土)西F04b「〜ぬよ」推進委員会会長@rinetokuraiKR …

no image

人間関係にギスギスしてない?社会人が身につけておきたい9つのこと

この記事は私がまとめました 職場での人間関係って難しいですよね。言いたいことが伝わらなかったり、なんで自分だけ?と不満なことも多くあるものです。そんな時に身につけておきたいビジネルスキルを10個まとめ …

no image

ガラスの極致。「スワロフスキー・クリスタルワールド」の世界

この記事は私がまとめました hiepitaさん 「スワロフスキー・クリスタルワールド」の世界へ♪ 出典amd.c.yimg.jp 「クリスタル」がテーマの美術館 オーストリアの州都インスブルックから東 …