Uncategorized

イラストレーターが教えてくれる「黒」の描き分けが難解すぎる

投稿日:


この記事は私がまとめました

えび天国さん

海外で話題になった、「黒」の描き分け方

作家で、児童書のイラストレーターでもあるイングリッド・サンドバーグさんが、各種の「黒」の違いについて「みなさんの参考になりますように!」と、自身のブログで詳しく紹介してくれた

サンドバーグ女史の行ってくれたカラーガイドは、シンプルな「緑」「赤」「青」のような言葉を超えて、あなたのボキャブラリーを増やすことに役立つでしょう。

よし!がんばるぞ!!

文化によって、さまざまに呼び分けられる「色の名前」

デジタルの登場で、世界中の人間が色について、一切の誤解無く、完璧に共有できるようになったけれど、文化上の名前は消えないでしょうね。

色は文化や言語の違いによりいろいろな意味を持つ記号といえる。たとえば虹の色の数え方は、国や言語によって異なっている。

虹は自然現象なので世界共通だが、ジンバブエのショナ語では虹を3色と捉え、リベリアのバッサ語では虹を2色と考えるように、言語圏によって色の捉え方は違う。

虹を見せて「いくつの色が見える?」と訊くと、言語によって答えが違う

日本人的には、どこをどう見ても「茶色」なのに中国人的には「紅色」なので、日本人もそのまま漢語で「紅茶」と呼ぶ。

日本語で有名なのが、緑と青の混同

青信号、青唐辛子、青野菜、青々してる森など、本当は緑なのにどうして日本人は青といってしまうのでしょう?

大昔、日本語には白・黒・赤そして青の4色分しか言葉がありませんでした。このうち、「白」「黒」は今よりも範囲は広くても意味はほとんど同じです。しかし、「赤」は暖色系全般、「青」は寒色系全般を表していました

見えているものは同じでも、言葉が持っている範囲が違う

日本だけでなく中国でも、緑に近い色までも青色と認識する傾向にあるようです。これに対して、西洋では「青」は少し紫色に近い範囲まで blue と言います。

日本では、緑に近い色までも青の範囲とする傾向がありますが、西洋では紫に近い色も青とする傾向にあるよう。そのため「藍色」を独立した色とは感知せず「青」に含めてしまうので、虹の色は7色ではなく、6色と数えます

欧米人にグラデーションを作らせると、こうやって紫を青側に配置するので、アジア人的にはちょっともやもやする。

しかも、男女では同じものを見たとしても、微妙に色が違って見える

研究によると、男性と女性とでは、色の見え方に違いがある。性別で目の構造は違わないため、目で見た色の情報を脳が処理・解析する際に差が出るのではないかと考えられている

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

もっとほしくなる♪マスキングテープの可愛い使いみち

この記事は私がまとめました ohirunesitaiさん まずはじめに♪ マスキングテープは本来、ペンキ塗りなどの塗装時に塗料が余分なところに付かないよう保護するために貼るもの。そのため、でこぼこした …

キティVSミッキーどっちに乗りたい!?新幹線に人気キャラが続々!

この記事は私がまとめました syatohanさん 2018年5月で運行終了した「エヴァ新幹線」 「500 TYPE EVA」は山陽新幹線の全線開業40周年と、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放 …

音楽の完成度高っ!…お笑い芸人のアーティストコラボがガチな件

この記事は私がまとめました ラガモさん □バカリズム×フジファブリック=フジファブリズム バカリズムと@BAKARHYTHM_TO フォローする ★本日配信スタート★ バカリズムと「Tie up(フジ …

見知らぬ代引き、引越し挨拶…ネットがざわついた『注意喚起情報』

この記事は私がまとめました 慣れないひとり暮らしを狙った手口など、最近ネットで話題になった注意喚起事案です。 nyokikeさん ▼ひとり暮らしの女性は注意! 引っ越しの挨拶が危険の入り口になるかも …

no image

ガム踏んだ…ボタン取れそう…困った時はみんなの知恵がめちゃ役立つ

ガム踏んだ…ボタン取れそう…困った時はみんなの知恵がめちゃ役立つ