Uncategorized

共存の崩壊も…「野生のクマ」に近づいたらダメなワケ

投稿日:


この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■夏の旅行先として人気の北海道

旅行サイト「じゃらんnet」が実施した旅行動向調査によると、夏の人気旅行先ランキングで北海道が第1位に。

避暑目的のほか、広大な大自然を求める人も多く、安定した人気を誇っている。

■その広大な自然には多くの野生動物が暮らしている

北海道は野生動物たちのパラダイスで、特に自然が多く残る道東方面へ行くと、様々な野生動物たちに出会える。

車でドライブしているだけでも数多くの野生動物を発見することができ、近年では数多くのツアーが組まれるなど、多くの人が観察目的で訪れている。

■特に有名なのが「ヒグマ」

オスの成獣で体長2.5~3.0m、体重は250~500kgと、日本最大の陸上ほ乳類。

日本では北海道のみに生息し、この時期には山間部だけでなく、時には住宅街にも多くのヒグマが出没する。

■ところが近年、ある問題が地元住民を悩ませている

観光客などが野生のクマに近づくケースが続出

道路などで出会った野生のクマを撮影するため、観光客がヒグマに近づこうとするケースが近年相次いでいる。

■「SNSの普及」が大きな要因か

少しでも「映える」写真を撮るためにクマに接近

知床で野生生物の保護や調査に取り組む知床財団は、2011~18年にインスタグラムに投稿されたヒグマの写真約1万5千件を分析。

大半は動物園などで撮られたものだったが、約1300件は知床で野生のヒグマを撮影したとみられる投稿であることが判明。

これらの投稿は年々増加しており、なかには車外に出て、数mの距離まで近づいて撮影された画像もあるという。

■もちろん、これらは非常に危険な行為

襲われたら逃げることはほぼ不可能

食性は雑食で大小哺乳類や魚類、果実などを主に食べるが、まれに人を食することもあり、1度でも人を食べたヒグマは人間を捕食対象と認識する。

ヒグマは時速60kmで走ることができるため、万が一襲われた場合、逃げることはほぼ不可能に近い。

■過去にはこんな凄惨な事件も…

日本史上最悪の被害を出した「三毛別羆事件」

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

人間だけじゃない!犬がストレスを感じる6つの瞬間

人間だけじゃない!犬がストレスを感じる6つの瞬間

no image

【陸上】世界陸上に集結!注目のアスリート『男子編』

この記事は私がまとめました atalimeさん 男子短距離 GettyImages クリスチャン・コールマン 国籍:アメリカ合衆国種目:短距離走所属:ナイキ大学:テネシー大学生年月日:1996年3月6 …

これ欲しい。「機能性よりデザイン重視っぽい」アイテムたち

この記事は私がまとめました hakyunaさん ▼ これはデザイン重視の気配・・。 ◇ 卵のおフトン 出典isuta.jp 「Pillow Egg Cup(ピロー・エッグカップ)」 お気に入り詳細を見 …

これは誰?天使すぎる幼少期を公開した人気キャラクターたち

この記事は私がまとめました neekoo999さん ◆あのキャラクターの“赤ちゃん”時代が可愛すぎて癒される… GettyImages 赤ちゃん・幼少期が可愛すぎるキャラクターたち お気に入り詳細を見 …

no image

毎日持ち歩く「バッグ・鞄」でわかる深層心理と性格タイプ

毎日持ち歩く「バッグ・鞄」でわかる深層心理と性格タイプ