Uncategorized

どうにかして!暑くて眠れない夜に試したい5つの快眠アプローチ

投稿日:


この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

夏こそゆっくりお風呂に入り夏バテしない体を作ろう!

暑い夏の夜は、どうしてもシャワーで済ませがちですが、お風呂に浸かることも大切です。

その体温が下がったタイミングが、眠りにつきやすいタイミングです。

暑い日に長時間お湯に浸かるのが苦手という人は、血行を促進してくれる効果のある入浴剤を入れると、短時間で温まることができます。炭酸ガス入りなどが効果的!

汗をかきやすいこの季節、体臭や頭皮の臭いについて悩みを抱える方もいると思います。

炭酸ガスは皮脂や角質などのタンパク質汚れを吸着し、浮かせて取り除く効果も期待できます。

炭酸風呂は、炭酸の働きで毛穴に詰まった皮脂を落とし、普段の入浴よりも皮脂汚れがスッキリ落ちるので、臭いの改善にもつながるわけです。

暑さで寝苦しい夜は「壁」を冷やすと良い!?

夏は熱で壁がかなり暑くなり、日中の熱が壁に溜まっているので、壁を冷やすことで、冷えて、涼しくなる。

押し入れやクローゼットから熱気を追い出す

そのため、押し入れを開けた時に溜まった熱が部屋に放出され温度を上げてしまうのです。

寝る前に、クローゼットや押入れの扉を開けて、扇風機を押し入れやクローゼットの中に向けて、風を送れば、たまった熱気を追い出すことができます。

これをやらないと、クローゼットや押入れにたまった熱気が寝ている間にじわじわと、押し寄せてきて安眠を妨げます。

ベランダに打ち水をする

打ち水というと、玄関先や軒先きに道端など戸建て住まいで実施するイメージがあるかもしれませんが、マンションでも冷やすと効果が出せます。

ベランダやテラスからの熱は、部屋の温度上昇の一因なので、打ち水をしてベランダやテラスの熱を抑えれば、外からの涼しい風を楽しみながら、節電もできて、一石二鳥なのです。

打ち水を行う時間は、気温が上がっていない朝や気温が下がり始める夕方がおすすめです。

要らなくなった布を水で濡らし、ベランダの床に敷いたり手すりにかけておくと、打ち水と同じ効果が得られます。

ただし湿気が上がりやすいので、風のある日に行うとよいでしょう。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

支えになれる。覚えておきたい「助け合いマーク」まとめ

支えになれる。覚えておきたい「助け合いマーク」まとめ

サンリオやってくれたな…ヲタ活が捗るグッズが最高すぎw

この記事は私がまとめました tyanndaiさん 推しキャラグッズはこれで可愛く保護 Street Girls Snap@sgs109com フォローする 【ニュース】マイメロやポムポムプリンが尊い& …

no image

そんなところまで変わっちゃうの?恋愛が体におよぼす影響とは…

この記事は私がまとめました かげとりさん ◆恋は人を変える…よく言われることですよね GettyImages 人は恋することで明るくなったり行動的になったり変化が見られるようになります。 心と体はつな …

寂しいけれど、暖かい…『孤独』がテーマの絵本 6選

この記事は私がまとめました 無頼漢の涙さん ▼『やっぱりおおかみ』 Amazon やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集) お気に入り詳細を見る 孤立する真っ黒なおおかみのこどもが、仲間を求めてさ迷う …

no image

相手の興味を察知する。「大人の会話」で重要視すべきこととは

相手の興味を察知する。「大人の会話」で重要視すべきこととは