Uncategorized

予約殺到!“伝説のアイドル”山口百恵がキルト本出版で帰ってくる

投稿日:


この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆昭和を代表する歌姫だった山口百恵

今なおその輝きを失うことのない、昭和を代表する歌姫であり、スーパースターの山口百恵。

72年にオーディション番組『スター誕生!』で準優勝し、翌73年に自身出演の映画『としごろ』との同名曲でデビュー。“スタ誕”出身の森昌子、桜田淳子とともに“花の中3トリオ”として注目される。

その後、『横須賀ストーリー』(76年)『秋桜』(77年)『プレイバックPart2』(78年)などを次々と大ヒットさせて、10代の若さで歌謡界の頂点に立つ。70年代で最もレコードを売り上げた。

◆女優としてもドラマに映画に大活躍

『赤い疑惑』(1975-1976)

山口百恵と三浦友和が共演、最高視聴率30.9%

一方で、『赤いシリーズ』(74年から、TBS)などの主演ドラマ、『泥だらけの純情』(77年)などの主演映画も次々と大当たり。

『伊豆の踊子』『潮騒』などの映画に出演、女優としても存在感を発揮した。

◆三浦友和と結婚し電撃引退 以降、芸能界に復帰せず伝説の存在に

ところが、まだ21歳だった80年、初恋の人である俳優・三浦友和さん(67)との結婚を機に電撃引退。

◆そんな彼女が自著を出版することになり予約殺到

伝説の歌姫が40年ぶりに帰ってくる。山口百恵さん(60)が7月末に、「三浦百惠」名義で自著を発売することが発表された。タイトルは『時間の花束 Bouquet du temps』。

今回の発行元は日本ヴォーグ社。手芸関係の出版や、素材の販売、教室も開く会社である。彼女もキルト作家として展示会に出品していることは、何度も報じられてきた。発行されるのは、その作品集だという。

◆キルト制作中の近影や文章もあるという

三浦百惠「ようこそ!」

収録される作品点数は約70点で、出来たての新作3点も含まれます。その作品一点一点に、どのような背景で、何に着想を得てデザインし、どのような素材を使ったか――、といった作品解説とエピソードが綴られています。

「作品について、作家として話していただいたことをこちらでまとめました。ただ、文章量は結構多いんです。後書きは三浦さんがお書きになっていますし……」(日本ヴォーグ社)

◆実はキルト歴は30年以上で相当の腕前

「百恵さんは、32年前からキルト作りを始めました。自宅近くのキルトの教室を『やってみたい』と訪ねたそうです」(芸能デスク)

当時は夫・三浦友和(67)が東京郊外の閑静な街に家を建てて間もない頃。長男・祐太朗(35)、次男・貴大(33)も手のかかる盛りだったはずだが、家事と子育ての合間を縫ってキルト作りを続けてきた。

「キルト教室では早くからトップクラスのインストラクターコースに在籍し、『一度くらい特別授業の先生をしてみませんか?』とキルト業界や出版社などから打診されてきた。でも『教えるのは向いていないと思います』と断り」(女性誌記者)

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

疲れた…そんな時には「頭のツボ」を知っておくと良いかもです♪

この記事は私がまとめました musinoneさん あー疲れた… GettyImages お気に入り詳細を見る けーしょ。@keisho0318 フォローする あー、目が疲れた パソコン作業 …

no image

大人から子供まで楽しめちゃう!「アウトドアフェス」の魅力

この記事は私がまとめました 霧生幻さん アウトドアフェス(キャンプフェス)ってどんなイベント? 出典img02.naturum.ne.jp アウトドアにフォーカスしたフェス! 一般の音楽フェスは音楽を …

no image

最新!定番から穴場まで!ロサンゼルスのインスタ映えスポット

この記事は私がまとめました LAに実際に行ってきました!本当に良かったロサンゼルスのスポットをご紹介します。定番から穴場まで1分でわかるまとめ hasesan22さん ロサンゼルスに旅行に行くとなった …

no image

最新!定番から穴場まで!ロサンゼルスのインスタ映えスポット

この記事は私がまとめました LAに実際に行ってきました!本当に良かったロサンゼルスのスポットをご紹介します。定番から穴場まで1分でわかるまとめ hasesan22さん ロサンゼルスに旅行に行くとなった …

no image

『そんな事実があったとは!』ってなるTwitter雑学が面白い

『そんな事実があったとは!』ってなるTwitter雑学が面白い