Uncategorized

地震・台風被害の最小化へ…今年から変わった「気象庁の予報」

投稿日:


この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「自然災害」が多い日本

■その被害を少しでも抑えるため観測・予報技術は進歩している

特に「地震」と「台風」

2011年の東日本大震災以降、自然災害への対策は急速に進み、改善・向上が日々行われている。

■私たちに地震発生を知らせる「緊急地震速報」

平成19年10月1日から運用開始

地震の発生直後に、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる「緊急地震速報」。

平成19年10月1日から本運用が開始され、携帯ネットワークやテレビ、ラジオ、専用の受信機などに配信される。

仕組み

地震が発生すると、震源からは揺れが波となって地面を伝わる(地震波)。

地震波には「P波」と「S波」があるが、P波の方がS波より速く伝わる性質があり、強い揺れによる被害をもたらすのは主にS波。

気象庁や防災科学技術研究所が全国に設置した約1,500カ所の地震計・震度計、地震観測網がP波を検知した段階で、地震の大きさを推定し、警報を発する仕組み。

■その緊急地震速報が先月27日から変わった

気象庁と防災科学技術研究所は6月21日、地震発生から緊急地震速報を発表するまでの時間を同月27日正午から短縮すると発表。

地震発生~緊急地震速報発表までの時間を最大で25秒短縮

気象庁によると、海底は陸上より地震計を固定させにくく、適切にデータを集めることが難しかった。

そこで、防災科学技術研究所が北海道沖~千葉県沖の日本海溝付近と、紀伊半島沖~四国・室戸岬沖に整備した地震観測網のデータ提供を受けることに。

東日本大震災のような日本海溝付近の地震は現在より最大25秒、南海トラフ地震の想定震源域にあたる紀伊半島沖などは最大10秒早く出せるようになった。

■さらなる進歩に期待

地震波と電気信号の速度差を利用しているため、震源からの距離が近いと速報と揺れがほぼ同時、場合によっては揺れが早く到達する場合がある。

16年4月の熊本地震や昨年9月の北海道胆振東部地震などの直下型地震では、緊急地震速報のアラームが「揺れる前に鳴った」人はごくわずかだった。

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

実践したい!絶対に【寝坊】しないための工夫・目覚ましグッズ・アプリまとめ

この記事は私がまとめました canyonstreamさん 寝る前に自分に危機感や意識を植えつける 『遅刻したら終わり』という危機感 出典駅員さんに聞く、「ぜ~ったい寝坊しない方法」|ちょいたつの知恵| …

no image

物語の世界に浸れる♪長野の大自然の中にある絵本美術館

この記事は私がまとめました kazooneさん 大好きな絵本をアクティブに楽しめる絵本美術館の魅力 アマナイメージズ 絵本を読むハーフの男の子 by アマナイメージズ お気に入り詳細を見る 絵本美術館 …

いい音にこだわりたい・・・高い支持を得ている人気のヘッドホン

この記事は私がまとめました 家の中や外でも好きな音楽を素晴らしい音で楽しめるのは最高ですね♪SNSなどで人気のヘッドホンをまとめました。 chica.kさん ◆最高の音質で最高のサウンドを楽しみたい・ …

ゲットして大正解!コストコでリピ買いする「鬼ウマフード」

この記事は私がまとめました tatsubo1208さん これはゲットして大正解! ■挽き肉パック たかえな☆@peco2n フォローする コストコの合挽き肉、なかなかお買い得だぞ。 pic.twitt …

no image

戦略性がグッとアップ!進化系アナログゲーム6選

この記事は私がまとめました gesyutarutoさん ◇マルバツゲームに頭脳戦の要素が加わってさらに面白く! Amazon Ms.0 ゴブレットゴブラーズ Gobblet Gobblers ゴブレッ …