Uncategorized

『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』も!「注目映画」予告解禁

投稿日:


この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『カスリコ』 (6月22日公開)

昭和40年代の高知県土佐を舞台に、裏社会で生きる人びとの姿を描く人情ドラマ。

高知一の料理人と呼ばれた岡田吾一は、博打“手本引き”で破滅。ヤクザの荒木五郎の紹介で、賭場の下働き“カスリコ”として働き始める。

メガホンを取るのは、殺陣師でもある『新・日本の首領』シリーズなどの高瀬將嗣。『本気(マジ)!』シリーズなどの石橋保、『僕らのワンダフルデイズ』などの宅麻伸をはじめ、中村育二、山根和馬、鎌倉太郎、金児憲史らが出演している。

予告には「カスリコ言うたら、人間のクズがやる仕事じゃ」と言われながらも、プライドを捨てて懸命に働く吾一の姿を収録。

◆『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』(8月23日公開)

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンにランクインするなど社会現象になったドラマ「おっさんずラブ」を映画化。

春田創一役の田中圭、黒澤武蔵役の吉田鋼太郎、牧凌太役の林遣都をはじめ、内田理央、眞島秀和、大塚寧々らレギュラー陣が続投し、ドラマの演出を手掛けた瑠東東一郎が監督を務める。

テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。

特報ではドラマ版の怒濤の展開を経て、春田の「えぇぇぇぇぇ!」の絶叫を合図に映画版のストーリーに突入。

手と手が触れ合い見つめ合う春田と山田、「ちょっと付き合えよ」と色気たっぷりに相手を誘う狸穴、「結婚って…本気で言ってます?」という意味深な発言をする牧、謎の手編みセーターを抱えてほほ笑むだけでなく、“キス寸前”になっている黒澤の姿を映し出している。

最後は、麺を食べている春田が、ブラインドの隙間から自身を見つめる黒澤に気づき喉に詰まらせそうになるコミカルな場面で締めくくられる。

◆『任侠学園』(9月27日公開)

今野敏原作の小説「任侠学園」を西島秀俊×西田敏行のW主演で映画化する人間ドラマ。

経営がうまくいかなくなった私立高校の理事長に就任した組長が、子分たちを率いて建て直しを図る物語で、西島が生真面目な性格のナンバー2に、西田が困った人をほっとけない昔気質な組長にふんする。

メガホンをとるのは、テレビドラマ&映画「ATARU」やドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」「民王」などの演出、監督を務めてきた木村ひさし。

特報映像では、ドスを利かせた声で「行くぞ!」と組員たちを率いる西島扮する阿岐本組ナンバー2の日村の姿からスタート。

「シートベルトのルールを守ってやってるんだぞコノヤロー!」と、更にドスを利かせた西田演じる組長・阿岐本をはじめ、組員役の伊藤淳史、池田鉄洋など、いかついながらもどこか不器用で親近感が湧く、地元密着型ヤクザ・阿岐本組の面々が次々に登場する。

「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫る阿岐本に対して、学園の校長・綾小路(生瀬勝久)が「会ってすぐ」と即答するひと幕など、小気味よいテンポでコミカルなシーンが繰り広げられる。

◆『シライサン』(2020年1月公開)

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

これは感動・・・!人気チェーンの新商品が神ってる

この記事は私がまとめました senegirlsさん ◼︎スシローで「きのこの山たけのこの里全国統一地方選挙」が開催 スシロー@akindosushiroco フォローする スシローで #きのこの山たけ …

桑田佳祐も出演『男はつらいよ』最新作も!2019年後半のおすすめ「邦画」

この記事は私がまとめました aku1215さん ◆『アルキメデスの大戦』(7月26日公開) 出典eiga.com お気に入り詳細を見る 「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房のコミックを原作にした歴史ド …

no image

良いね。「エンピツ好き」の物欲をそそりそうなアイテム5選

この記事は私がまとめました hakyunaさん ◇ エンピツのように使えるデザイン筆記具 出典minimal-iimono.com 「Sostanza」 お気に入り詳細を見る 出典www.rakune …

no image

覚悟なのだ…みんなの『お金の使いみち』にまつわる見解が興味深い

覚悟なのだ…みんなの『お金の使いみち』にまつわる見解が興味深い

no image

これは侮れない・・・「手書き」の意外な効果

これは侮れない・・・「手書き」の意外な効果