Uncategorized

そんな状況に…飛ぶ鳥を落とす勢いだった「中国シェア自転車」の今

投稿日:


この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■シェア自転車

新しい仕組みの自転車貸し出しサービス。従来のレンタサイクルと違い、所定のポート(駐輪場)で自転車を借り、別のポートで自由に乗り捨てできるのが特徴

シェアサイクルとは、他の人と自転車をシェア(共有)し、必要なタイミングで自転車を利用するための仕組みや方法のこと

2016年後半より自転車シェアリングがブームとなり、2016年後半から2017年前半にかけて様々な企業の様々な色のシェア自転車が都市部に大量に出現

■中国国内にて急速に発展し、海外にも進出した

中国で一世を風靡し、日本をはじめ世界各国にも展開されている中国のシェア自転車

“中国の新四大文明”の1つとも言われ、「乗り捨て型」とスマホアプリを組み合わせた中国独自のサービスは、日本でも大きな注目を集めた。

アリババ系のOfo 対するテンセント系のMobikeの両巨頭に加えて、小規模シェア自転車企業も含め、現在の中国国内のシェア自転車の設置数は現在2000万台に及ぶ

■そんなシェアサイクルビジネスが曲がり角に来ている

急拡大したシェア自転車ビジネスは、中国国内では様々な問題が発生している。利便性は抜群に高いがその一方でマナーの悪いユーザーの盗難や不法投棄が多発

問題が多発、新規投資資金の流入が細り、資金繰りの危うさが伝えられる。「中国のシェア自転車は終わった」と断言するメディアも

市場は過当競争に突入する。自転車が過剰に市場投入されたため、市民の目の前に“邪魔になった自転車”が積み上げられるようになった。

■全世界から撤退を余儀なくされている

モバイクは全世界の200都市以上でサービスを展開しているが、創業の地の中国に「退却」しつつある

国の自転車レンタル業界のパイオニアが、ほとんどの海外市場から手を引こうとしている

2018年春、和歌山市と北九州市で事業を始めた中国シェア自転車大手のofoが10月末、わずか半年余りで日本から撤退

■企業の倒産も相次いでいる

業界はすでに潮目が変わっていた。多くのシェアサイクル企業が運営不能に陥り、全国77社あったと言われる運営会社の淘汰が始まっていた

中国国内でのシェア自転車ビジネスの競争は激化している。アリババ系大手Ofoとテンセント系大手のMobike以外は、正直言ってもはや勝ち目はない状況に

Ofoは、昨年から、その国際業務を段階的に縮小し始めていて、近々破産の準備をしていると伝えられていた。

■このような状況の原因は「経営の甘さ」

過当競争による過剰投資、街角の放置自転車の横行、デポジット(保証金)管理の不透明さといった問題が多発

倒産理由は、鍵の甘さから設置した自転車の9割以上が盗難され、事実上ビジネス運営ができなくなったから

予測をはるかに超える加速度をつけて、中国経済の成長が終わりを告げている。その弔鐘の音色が寂寥感をともなわず、騒々しいのが中国的特徴である

-Uncategorized

執筆者:


関連記事

no image

全国人数10人も!珍しい苗字の女性アイドルたち【48G、乃木坂、ハロプロ】

全国人数10人も!珍しい苗字の女性アイドルたち【48G、乃木坂、ハロプロ】

no image

「カジュアル投資」の時代!スマホでできる簡単投資サービスが増加中

この記事は私がまとめました Web業界のトレンドをウォッチしています。 porottoさん 投資はスマホで、少額からできる時代 投資をしてみたいけど、何からはじめていいかわからないという人は多いのでは …

no image

これは侮れない・・・「手書き」の意外な効果

これは侮れない・・・「手書き」の意外な効果

皆さんならなんて入れますか?「NIKE ID」文字入れ参考例

この記事は私がまとめました LuvShmmyさん 「NIKE ID」とは?? 出典vimeo.com お気に入り詳細を見る ナイキiDでは自分の好みの色を色々と組み合わせ、カスタマイズが出来るので、世 …

no image

【保存版】無理なくできるエアコン電気代の「節約術」

【保存版】無理なくできるエアコン電気代の「節約術」